ライフスタイル

アメリカ48州をすべて立ち寄る旅行の地図を、数分で作る方法

2015年04月01日 01時23分 JST

次の家族旅行の行き先どうしよう? そうだ、パソコンに決めてもらおう!

そう思いついたのは、ディスカバリー・ニュースの記者トレイシー・ステッドラーさん。彼女はミシガン州立大学博士課程のランディ・オルソンさんに、彼女が計画しているロードトリップの旅程を作ってくれるアルゴリズムを作れないかと尋ねた 。

まずステッドラーさんはロードトリップで立ち寄る場所を選択した。旅行の条件は簡単だ。陸続きでつながっているアメリカ48州の全てに立ち寄ること。そしてその立ち寄る場所は、国定公園や歴史的建造物など、全国的にもよく知られた場所であること。オルソンさんはその場所をもとに、彼が独自に作ったアルゴリズムを使って数分のうちに詳細な旅行計画を作り出した。

randy

インタラクティブ機能付きのバージョンを見るには ここをクリック

オルソンさんはコンピュータープログラミングの知識がない人でも、自分でこの地図を作ることができるという。「RouteXLのようなウェブサービスがあなたに変わって作業をしてくれます」と彼はハフポストUS版の取材に答えてくれた。

分かりやすく説明するために、かりに東海岸に沿ってロードトリップを計画するとしよう。RouteXLに目的地を入力すると、旅の経路を表示してくれるだけでなく、目的地間の最短の経路を探し出して、より早く目的地に到着出来るルートを教えてくれる。RouteXLに入力できる上限は20カ所だが、もしそれ以上目的地を選びたい場合は、有料サービスを使うことで20カ所以上の入力も可能になる。

もしあなたがパソコン操作が苦手だったとしてもご心配なく。ハフポストUS版は昔ながらの方法でロードトリップを楽しむためのアドバイスや、家族でロードトリップにおすすめの場所、それにアメリカで必ず訪れたい場所10選なども紹介している。

またオルソンさんのブログでは、ヨーロッパのロードトリップをコンピューターで計画する方法なども紹介されている

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

gengo logo

小旅行で訪れたいアメリカの観光地

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています