arugorizumu

「過去5年間で最大の飛躍」 英語版から随時展開
AIの活用事例としてスポーツの事例、F1の事例を紹介。 AIが提供できる新しい価値の実例として非常に興味深い。
アルゴリズムが残酷な仕打ちをする事例が、また明らかになった。
AIが操作する自動運転車のブレーキが故障し、事故で犠牲者が出ることは避けられない。ではその中から誰が助かるべきか。
AIはすでに採用やローン審査など、身近な場面で導入され始めている。
20にものぼるソーシャルメディア対応に追われながら、高コストのニュースコンテンツに見合う、収益の道が見えないメディア。 低コスト、低品質、高拡散で、リアルニュースを圧倒するフェイクニュース。 By Blogtrepreneur howtostartablogonline.net
トランプがトヨタにNO WAY(ありえない)と言ったって? 特定株を空売りしよう。
「AIがわれわれを滅ぼす」などということはSFの世界を離れればまずありそうにない。
今回A Graves、G Wayneたちはディファレンシャブル・ニューラル・コンピューター(DNC)と名付けられたハイブリッド学習機械を開発した。
いまやFacebookにとっても、事実確認は真剣に取り組むべき課題になった。
ニューヨーク・タイムズ・マガジンによれば、デマ満載の政治的なまとめサイトは、左右問わず、すでにフェイスブック・ページなどに溢れかえっているという。
人工知能と次世代マーケティングの融合はこれからの分野。
殺人事件の予知システムによって、事件の発生率をゼロにするという『マイノリティ・リポート』の世界は、すでに少しずつ現実のものとなってきている。
メディアにとって、ソーシャルメディアのプラットフォームは、もはやそれ抜きにはニュースコンテンツの配信を考えられないほど、大きな存在になっている。
この騒動が興味深いのは、そもそもアルゴリズムは中立的なのか、人間とアルゴリズム、一体どちらが〝偏向〟しているのか、という疑問を浮き彫りにしたことだ。
アルゴリズムは、ソーシャルメディアから警察のパトロールまで、社会に深く根を下ろしている。だが、往々にしてその中身は、ブラックボックス化されている。
機械学習はすでに、ビジネスに大きな変革をもたらしている。あなたが利用しているほぼ全てのWebサイトにおいて、機械学習はこっそりと活用されているのだ。
今や、声のトーンから男女の仲とその将来を判定するアルゴリズムがある。
意識するしないにかかわらず人には相手に知られたくない感情「本心」もあります。その本心が短いわずかな時間、表情に現れるのが微表情です。