ニュース

奥村遊機が自己破産 「CRうる星やつら」などがヒットの老舗パチンコメーカー

2015年04月14日 23時53分 JST | 更新 2015年04月15日 00時03分 JST
奥村遊機ホームページより

パチンコ台メーカーの奥村遊機(名古屋市)が4月14日、名古屋地裁に自己破産を申請し、破産手続きの開始決定を受けた。負債は2014年5月期末時点で71億5400万円だが今後膨らむ見通し。帝国データバンクなどが報じた。

奥村遊機は1947年、名古屋市でパチンコ店「モナコ」を開業し、自店用のパチンコ台づくりを開始。1953年に「モナコ」の商標で、パチンコ機の全国販売を展開した。「CRうる星やつら」、「CR笑ゥせぇるすまん」などの人気機種がある。流行を先取りした機種づくりを進める一方で、昔ながらのパチンコを愛するファンも大切にし、低予算で遊べるパチンコ台の開発にも力を注いでいたという。

default

「CRうる星やつら」

warau

「CR笑ゥせぇるすまん ~欲望の大都会~」

1996年5月期には、年売上高約335億7100万円を計上していたが、2014年5月期には売上高が133億500万円にまで下落。2期連続で大きく欠損計上するなど厳しい資金繰りが続いており、先行きの見通しが立たないことから事業継続を断念した。

なおパチンコ台の開発・販売を手がけるフィールズによると、パチンコ機器市場では、メーカーの二極化現象が起きている。2012年度の販売シェアは、三洋、京楽、平和、ニューギン、サミーの上位5社で市場全体の約70%以上を占めるという。

【関連記事】

Also on HuffPost:

小学館ビルの「落書き」写真集

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています