NEWS

ジョニー・デップの愛犬、なぜ安楽死の危機に?

2015年05月14日 16時06分 JST | 更新 2015年05月14日 16時31分 JST
ASSOCIATED PRESS
FILE - In this file film publicity image released by Disney, Johnny Depp portrays Captain Jack Sparrow in a scene from, "Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides." Captain Jack and his "Pirates of the Caribbean" continue to dominate the overseas box office, but not without a fight from the "X-Men" and "Hangover" gangs. (AP Photo/Disney, Peter Mountain, File)

人気俳優ジョニー・デップの愛犬、ピストルとブーが、オーストラリアで安楽死の危機に瀕している。オーストラリア農相は5月13日、デップに対し、「2匹をカリフォルニアに即時送還しなければ、安楽死させる」と警告した。BBCなどが報じた。

デップは映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ最新作の撮影のため、4月にプライベートジェットでオーストラリアにやってきた。しかし、2匹は検疫を通らず、無許可で入国していたという。

動物を国境を超えて移動させることは、感染症や病気を運ぶことにもつながることから、各国では検疫を設けている。オーストラリアに犬を連れて入国する際には、最低でも10日間の検疫を受けることが義務付けられていた。

2匹の違法入国は、ペットサロンに連れて行かれたことから発覚した。不注意にもトリマーが2匹の写真を地元メディアに漏らしてしまい、12日に記事化されて注目を浴びてしまったのだ。「どうなるか、その時は考えが及ばなかった」とトリマーは詫びた。

2匹を救おうと、ソーシャルプラットフォーム「チェンジ・ドット・オーグ」で署名活動まで始まっている。オーストラリアン紙によると、農水省はデップの妻で女優のアンバー・ハードに連絡を取り、状況を聞いているという。

Baby #Pistol 🐶 #amberheard

Amber Heardさん(@amberheard_official)が投稿した写真 -

【ハフィントンポスト日本版2周年イベント開催】
未来のつくりかた――ダイバーシティの先へ 2015年5月16日(土)14:00開始
グローバル人材、アジアの女性、子育てしやすい国、これからの働きかた――。小室淑恵さんや瀬谷ルミ子さんら有識者のほか、アジア各国版の編集主幹と「多様性」についてディスカッションします。 詳細は、こちらから

【関連記事】

子犬 画像集

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています