ライフスタイル

目が見えないお母さんに、おなかの赤ちゃんを見てもらいたい そう考えた医師は...(動画)

2015年05月26日 17時53分 JST | 更新 2015年05月26日 19時34分 JST

お腹の中にいる自分の子の姿が育つのを、超音波検査で目にする幸福感といったらない。

しかし、ブラジルに住むタチアナ・ゲーラさんにはそれができなかった。17歳で視力を失った彼女は、目が見えなかったのだ。

それでも超音波検査を受けながら、想像力を働かせるタチアナさん。

「じゃがいもみたいな小さな鼻があって…手は小さく握っていて…」

そんな彼女にも、胎児の姿を見せたい。医師らが彼女にプレゼントしたのは…

布を開けると、胎児の顔が彫られた白い板が現れた。検査データから3Dプリンタで作成した、胎児の姿がそこにあった。

3d ultrasound

これは、国際おむつメーカー「バギーズ」のブラジルが行ったキャンペーン。白い板をなでる母親の姿は、なんとも幸せそうだ。

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

13 Pregnant Celebrities

【関連記事】