NEWS

松本人志、タクシー運転手にブチ切れ ネットにはまっちゃん擁護の声も「理由はなんであれ...」

2015年06月22日 23時42分 JST | 更新 2015年06月22日 23時47分 JST
Jemal Countess via Getty Images
TORONTO, ON - SEPTEMBER 12: Director Hitoshi Matsumoto attends the premiere of 'R100' at Ryerson Theatre on September 12, 2013 in Toronto, Canada. (Photo by Jemal Countess/Getty Images)

ダウンタウンの松本人志(51)が、6月21日に日本テレビ系で放送された「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」に出演し、最近タクシーの運転手にブチ切れたことを明かした。

この日、松本は番組で、世話になった人と食事をしたあと、タクシーに乗せた時のエピソードを紹介した。

「タクシーを止めて、(事前に運転手に)3000円渡したんです。『ちゃんと送ってね』と。ワンメーターもかからない距離だとわかっていたし、実際、ワンメーターもかからなかった。

(タクシーに乗せた人は)俺が運転手に3000円渡していたところを見てた。見られたとは知らんかったけど。

それで、目的地についたときに、(客が運転手に)『(松本に)返したいので、お釣り(を返して)』と言ったら、運転手は『さっきの人に貰ったやつやから、あなたに渡されへん。これは俺が貰ったもんや』と」

この運転手の行為に松本は放送できない言葉を連発。あまりにも腹を立てすぎて「過呼吸になって、心臓がキューっていう」と表現したほどだ。

松本は、「そんなやつ、いまだにおるんやと思って、すごく腹がたった。2000なんぼで、そこまで人を嫌な気持ちにできる?どういう了見やと」怒りを爆発させた。

なお、この松本の発言に対し、Twitterには「お釣りを要求するほうがおかしい」などの反論も見られるが、「まっちゃんはお客に、気持ちよく帰って欲しかったのではないか。理由は何であれ、粗相を起こしてほしくはなかったのではないか」「そもそも依頼者の連れが返せって言ってるんだから、どう捉えても返すのが筋」など、松本を擁護を養護する声も出ている。

80年代アイドル 美少女たちは今

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています