NEWS

キューバとアメリカ、54年ぶりに国交回復 今後の焦点は?

2015年07月01日 20時19分 JST
YAMIL LAGE via Getty Images
Cubans watch US President Barack Obama talking on TV about the reestablishment of full diplomatic ties with Cuba, in Havana on July 1, 2015. President Barack Obama announced that the United States and Cuba will re-establish full diplomatic relations, severed 54 years ago in the angry heat of the Cold War. The US president and Cuban state television simultaneously announced the landmark agreement, aimed at easing decades of enmity across the narrow Straits of Florida. Under the deal, embassies in Washington and Havana will be reopened as soon as July 20, in what Obama described as a 'historic step forward,' and a 'new chapter' in US relations with Latin America. AFP PHOTO / YAMIL LAGE (Photo credit should read YAMIL LAGE/AFP/Getty Images)

アメリカとキューバは7月1日、54年ぶりに国交を回復させることで正式合意した。20日にも両政府が大使館を再開させ、歴史的な転換点を迎える。

オバマ大統領は1日、ホワイトハウスで国交回復の声明を読み上げ、「歴史的な一歩だ」と言明。「過去にとらわれていてはいけない。何かがうまくいかない時、我々は変わることができる」と述べた。

さらに、両国の関係改善にはアメリカがキューバに科している経済制裁の解除が必要だとコメント。議会に対し、速やかに解除に向けた議論を進めるよう訴えた。

しかし、アメリカの野党・共和党からは、未だカストロ政権の独裁下にあるキューバとの国交再開は時期尚早だとの批判も出ている。アメリカ議会は現在、共和党が多数を占めており、今後、経済制裁の解除を巡って、議会でどのような議論が行われるのかが焦点となる。

キューバ革命から、キューバ危機まで

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています