NEWS

松本人志、百田尚樹について「狂犬化してきますよね」

2015年07月07日 19時21分 JST | 更新 2015年07月07日 19時47分 JST
Chung Sung-Jun via Getty Images
BUSAN, SOUTH KOREA - OCTOBER 09: Director and actor Hitoshi Matsumoto attends a Press Conference-Gala Presentation 'Symbol' during the 14th Pusan International Film Festival at the Shinsegae Centumcity on October 9, 2009 in Busan, South Korea. The biggest film festival in Asia showcases 355 films from 70 countries and runs from October 8-16. (Photo by Chung Sung-Jun/Getty Images)

ダウンタウンの松本人志が、7月5日にフジテレビ系で放映された「ワイドナショー」で作家の百田尚樹について話した。控室で話したときの印象では「普通にいいオッチャン」だったが、自民党勉強会に招かれ「沖縄の2つの新聞はつぶさないといけない」などと発言したことを踏まえて「こういうところでは、狂犬化してきますよね」と顔をしかめた。

松本の詳しい発言内容は以下の通り。

「百田さん、この番組に当初ね、割と来てもらっていて。控室で話している時点では、なんか普通にいいオッチャンなんですよ。なんかこういうところになると、狂犬化してきますよね。言い方なんですが、わざと耳障りが悪いような……。ああいう本を書ける人なんで、もっと綺麗な言葉で話せる人なんでしょうけど、多分、それを好まないでしょうね。ご本人が。言っていることがすべて100%おかしいとは思わないけど、表現方法が少し違うのかな」

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています