NEWS

ガザ紛争から1年。現地の少女がTwitterで発信「メディアが伝えるよりもガザは美しい」

2015年07月25日 00時10分 JST | 更新 2015年07月25日 00時11分 JST

2014年7月からおよそ50日間にわたって続いた「ガザ紛争」。当時、ガザ地区で生活する10代の少女ファラ・ベーカーさんが、連日近所が破壊されている様子を実況ツイートしていたことが世界から注目を集めた。

ファラ・ベーカーさん

あれから1年。ファラさんは現在のガザ地区の様子をツイートした。そこには、紛争で破壊された建物の画像ではなく、美しいガザ地区の風景があった。

美しいガザのリゾート地。メディアではあまり取り上げられないけど、ガザはとてもきれい。テレビに映されるように、全部が破壊されているわけじゃない

今のガザから♥ ガザはメディアで取り上げられるよりもっときれいです。

ガザからおはよう 8時半

紛争から1年にあたって、彼女はメッセージをツイートした。

「戦争ではなく愛」ガザのグラフィティ

ファラさんは、1年前に撮った自らのメッセージを再び紹介した。

私はファラ・ベーカー。ガザ地区の少女、16歳。私が生まれてから3つの戦争を生き延びました。こんなことはもう十分です。#SaveGaza

Gaza War Anniversary Photos

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています