gaza

アメリカが提案した「戦争を永続的に終わらせる」停戦案。イスラエル側はすでに受け入れているという
上智大学はハフポスト日本版の取材に対し、イスラエル・テルアビブ大学との協定について「破棄する予定はない」と回答した。
「私はモアハウスの学生として、いや人間として、ガザでの即時かつ恒久的な停戦を求めます」
パレスチナを攻撃するイスラエルへの支持を明確に表明してきたジェリー・サインフェルド氏のスピーチを一部学生が退席した
「ラファで、愛する人や家を失ったことのない人に会った記憶はありません。ほとんどの人はその両方を奪われています。人々は疲れ切っています。食べるものも不足しています。子どもたちは病気にかかっています」
バイデン大統領がガザで民間人が殺されていることを認め、ラファに侵攻すれば武器供与はしないと答えた
イスラエルによるガザ地区での虐殺に対する抗議活動は世界に広がっている。
シアトル出身のマックルモアが、新曲でガザ地区への攻撃や政治家、音楽業界を批判し、声を上げる学生を称えた
「ガザの人々は動物の飼料を食べ、物乞いをし、食べ物を買う現金を得るために持ち物を売り払うなど、全ての手段を尽くしています。飢えで命を落としている人もいます」
アメリカの優れた報道に贈られるピューリッツァー賞を運営しているのは、約100人の学生などのデモ参加者が逮捕される事態に陥っているコロンビア大学だ。