gaza

「ガザに安全な場所はない」として、ユニセフなど19の人道支援団体が即時停戦やインフラの保護を求める声明を出している
「<パレスチナ>を生きる人々を想う学生若者有志の会」の皆本夏樹さんは、「小さな一つひとつの行動やあなたの声には力があります」と呼びかけた。
ガザで女性たちが処刑されているほか、生理用品や食料や医薬品を与えられない、殴打されるなど非人道的な扱いを受けているという報告が相次いでいるといいます
「私たちを忘れないで」10月7日のイスラエルとハマスの武力衝突を経験した2人の日本人は、ガザの人たちから世界への願いを託された
新宿駅前に集った参加者たちはデモの冒頭で、イスラエル軍の攻撃によって殺害されたパレスチナの人たちを悼み、黙祷を捧げた。
一見すると軍事や植民地と関係がないように見える民間企業であっても、ジェノサイドや植民地化に加担してしまうリスクが高いという。
伊藤忠商事は「伊藤忠アビエーションとELBIT社とのMOUは、防衛省の依頼に基づいた、日本の安全保障に必要な自衛隊の防衛装備品の輸入を目的とした提携」だと説明。
伊藤忠、日本エヤークラフトサプライとイスラエル軍事大手「エルビット・システムズ」との契約は「パレスチナ人の虐殺に加担している」として、有志学生団体らが署名、抗議活動をしていた。
国連の報告によると、ガザでは2023年10月7日以降、少なくとも122人のジャーナリストやメディア関係者が殺害され、多くの負傷者が出ている