Huffpost Japan
Nick Visser Headshot

2015年は「スーパーエルニーニョ」になる可能性 それって何?

投稿日: 更新:
EL NIO
Picture of the dried bottom of the Los Laureles dam reservoir that supplies water for Tegucigalpa, on the outskirts of the capital, on June 2, 2015. Honduras has been hit by a major drought caused by 'El Nino' climate phenomenon, a band of unusually warm Pacific ocean temperatures, which in the past has been linked to numerous floods, droughts and bush fires from South America to Australia. The drought has killed thousands of cattle and dried up crops. AFP PHOTO / ORLANDO SIERRA (Photo | ORLANDO SIERRA via Getty Images
印刷

アメリカ連邦政府の気象当局は、2015年のエルニーニョ現象がこの時期としてはこれまでに2番目に強いものであり、過去65年で最も大きな気象変化を引き起こす可能性があると発表した。

エルニーニョ現象は太平洋の赤道付近の海面温度が上昇する現象で、世界中の気候に影響を与える。海洋と大気を調査する連邦政府機関・アメリカ海洋大気庁によれば、太平洋の過去3カ月の温度は、これまでにないほど高くなっているという。

NASAジェット推進研究所の気候学者、ビル・パツァート氏は「2015年のエルニーニョ現象は、巨大エルニーニョになる可能性があります」とロサンゼルス・タイムズ紙に語っている。「このまま続けば、洪水や土砂崩れ、騒乱などが起こる可能性があります」

アメリカ海洋大気庁のマイク・ハルパート氏も、現在のエルニーニョは、1972-73年、1982-83年、1997-1998年に発生したスーパーエルニーニョに匹敵する規模になるだろう、と話している。

スーパーエルニーニョは一体どういう影響をもたらすのだろうか? アメリカの公共ラジオ・NPRによれば、強いエルニーニョ現象によってインドやフィリピンが干ばつに見舞われるおそれがあるという。

ロイターによれば、2009年にエルニーニョ現象が起こった時は、インドでは過去40年で最もひどい干ばつが起こって作物が大被害を被り、食料不足に苦しんだ。

現在起こっているエルニーニョ現象は、日本にも影響を与えつつあるようだ。一部で報じられているバナナ不足は、エルニーニョ現象でフィリピンやインドネシアの雨量が減り、収穫量が激減したことが原因だという。

専門家たちによれば、エルニーニョ現象はまだ数が少なく詳しく調査されていないため、どういった気象の変化が起こるのか予測しにくいそうだ。

しかし、エルニーニョ現象は多くの気候変化と関係していることを忘れてはいけないとカリフォルニア州の気象学者マイケル・アンダーソン氏はニューヨーク・タイムズ紙で強調している。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

Close
「気候変動の影響がわかる写真集」
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

今年のエルニーニョ、現代史で最大級の恐れ米気象当局

エルニーニョ、来年春まで続く確率85%に上昇=米当局

エルニーニョ現象で干ばつ パナマ運河

エルニーニョ:影響に周期性? 海洋研など指摘