eruninyogensho

季節性インフルエンザは例年12月ごろに流行期入りが発表されます
2016年は「史上最も暑い年」となる可能性が極めて高いと、NASAの気象学者が警告した。
世界屈指の豊かなサンゴ礁「グレートバリアリーフ」で、過去最大規模のサンゴの白化現象が確認されています。
エルニーニョが意味するのは、先進国では暖冬でスキーができない、ということかも知れない。けれどもエチオピアのような世界の最貧国では、飢えを意味する。
2015年のエルニーニョ現象は、ひどい干ばつなどを引き起こす「スーパーエルニーニョ」になる可能性があるという。
この夏は5年ぶりにエルニーニョ現象が発生する可能性が高いと予想されています。このため、太平洋高気圧の日本付近への張り出しが弱く、梅雨前線の北上が遅れることが考えられます。全国的に季節の進行はゆっくり。梅雨入りは遅めで、初夏を満喫できそうです。
気象庁は10日、今年の夏から冬にかけてエルニーニョ現象が5年ぶりに発生するとみられる、と発表した。東太平洋の赤道付近で海面水温が上昇するエルニーニョ現象は、日本で冷夏や暖冬になる傾向がある。