オスプレイ、富士総合火力演習に飛来 「お気をつけてお帰り下さい」の直後

投稿日: 更新:
印刷

静岡県御殿場市で8月22日に開かれた陸上自衛隊の実弾射撃訓練「富士総合火力演習」の終了直後に、アメリカ海兵隊の新型輸送機MV-22オスプレイが飛来した。正午に予定通りプログラムを終えてUstreamとニコニコ生放送での中継も終了していた。そのためオスプレイが登場するシーンは、ネットには流れなかった。

参加者によると、オスプレイが現れたのは「皆様お気をつけてお帰り下さい」のアナウンスが流れた後だったという。

中日新聞は8月23日朝刊で、陸上自衛隊がアメリカ海兵隊にオスプレイの飛来を要請していたと報道。陸自の広報室は「オスプレイを取得する上で、国民に理解を深めてもらうことが目的。共同訓練ではない」と同紙に説明している。

Close
富士総合火力演習【2013年8月24日】
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

オスプレイ(おすぷれい)とは - コトバンク

オスプレイ 陸自演習に 「安全PR」米軍に飛行要請 きょう一般公開

「見送りは当然」佐賀県内首長ら オスプレイ配備概算要求

「地元同意なく当然」佐賀県内政党 オスプレイ配備概算要求

オスプレイ デモ飛行へ