NEWS

【世界同時株安】NY株、中国株急落を受けて軒並み4%下落 ダウは一時過去最大1000ドル超安

2015年08月24日 20時24分 JST | 更新 2015年08月24日 20時30分 JST
Spencer Platt via Getty Images
NEW YORK, NY - AUGUST 24: A trader works on the floor of the New York Stock Exchange (NYSE) on August 24, 2015 in New York City. As the global economy continues to react from events in China, markets dropped significantly around the world on Monday. The Dow Jones industrial average briefly dropped over 1000 points in morning trading and closed down 588 points. (Photo by Spencer Platt/Getty Images)

24日の米国株式市場は、中国株急落を受けて主要3指数が軒並み約4%下げて取引を終えた。ダウ工業株30種平均は寄り付き直後に1000ドル超下落。その後は下げ幅を縮小したものの、ボラティリティが高い1日となった。

ダウ工業株30種.DJIは588.40ドル(3.57%)安の1万5871.35ドル。

ナスダック総合指数.IXICは179.79ポイント(3.82%)安の4526.25。

S&P総合500種.SPXは77.68ポイント(3.94%)安の1893.21。

取引時間中のダウの1000ドル超下落は過去最大。またS&P総合500種は、52週高値を10%下回る水準で引けたことで、21日のダウに続いて調整局面に入った。

世界株安の震源地となっている中国で、24日も株価が8.5%急落したことが嫌気された。

アップル(AAPL.O)は一時13%下げた後、終値は2.5%安と持ち直した。ティム・クック最高経営責任者(CEO)がCNBC宛ての書簡で中国事業が堅調だと説明したことが材料視された。

原油価格が6年半ぶり安値に沈んだため、エクソンモービル(XOM.N)が4.7%、シェブロン(CVX.N)が4.8%それぞれ下げるなど、石油株が売られた。S&Pエネルギー株指数.SPNYは5.18%下落した。

中国電子商取引のアリババ・グループ・ホールディング(BABA.N)は3.5%安で、昨年9月の新規株式公開(IPO)価格を割り込んだ。

投資家の不安心理を示すCBOEボラティリティ指数.VIXは急上昇し、一時は2009年1月以来の高水準に達した。

今年の米国株は小動きにとどまる局面が多かったが、8月に入って中国経済をめぐる投資家の懸念が高まったことや予想外の人民元切り下げをきっかけにボラティリティが跳ね上がった。

この日は、朝方の乱高下で稼いだ利益を取引終了前に確定させるための売りも見られた。

チャールズ・シュワブのトレーディング・デリバティブ担当マネジングディレクター、ランディ・フレデリック氏は「中国の状況が落ち着かない限り、25日の米国株も再びひどい寄り付きになる恐れがあったので、きょう午前中に組んだ買いポジションをそのままにしておきたくなかったのだろう」と話した。

BATSグローバル・マーケッツの暫定データでは、株価の急変動でサーキットブレーカー(取引一時停止措置)が発動された銘柄は1287と、異例の多さになった。

ランデンバーグ・サルマン・アセットマネジメントのフィリップ・ブランカート最高経営責任者(CEO)は「投資家は理性的な判断ができなかった」と指摘し、冷静に考えれば中国経済の2倍の規模を持つ米国経済が中国の影響によって景気後退に陥るとの観測は非常識だとの見方を示した。

騰落銘柄数はニューヨーク証券取引所が下げ3064で上げ131、ナスダックが下げ2632で上げ281だった。

BATSグローバル・マーケッツのデータによると、米取引所の合計出来高は約139億株で、8月平均の70億株を大幅に上回った。

世界同時株安 2015/08/24