NEWS

日本一の超高層ビル建設へ 東京駅前に高さ390m

2015年08月31日 19時03分 JST | 更新 2015年08月31日 19時13分 JST

三菱地所は8月31日、JR東京駅前に高さ約390メートルの超高層ビルを建設することを発表した。地上61階・地下5階建てで、オフィスビルとしては、あべのハルカス(大阪市)を抜いて国内で最も高いビルが2027年度に完成する予定だ。

tokyo

tokyo02

buildings01

このビルは、同社が手がける「常盤橋街区再開発プロジェクト」の一環。ロイターによると、JR東京駅の八重洲口の北側にあたり、現在は朝日生命大手町ビルやJXビル、大和呉服橋ビルが立っている。ここに4棟のオフィスビルや変電所施設、下水ポンプ場などが建設される計画で、2017年度から段階的に着工するという。

同日の記者会見で、三菱地所の杉山博孝社長は「世界で都市間競争が激しくなるなかで、世界に負けない東京の新たなシンボルにすると同時に、国際性を高めて世界から選ばれるまちにしたい」と話した

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

あべのハルカス 画像集