NEWS
2015年09月19日 19時58分 JST

安保法案の強行採決、新潟県弁護士会の会長コメントに法曹界どよめく

security bills

9月17日に参議院特別委員会で行われた安全保障関連法案の採決について、新潟県弁護士会は19日、抗議声明を発表した

声明は、政府が国会の内外で、この法案の憲法上の問題について整合的な説明をしていないと指摘。その上で、採決が強行されたことについて「立憲主義、民主主義を真っ向から否定する暴挙である。断じて許されない」と批判した。

同会は会長のコメントもあわせて公開している。そのコメントが冒頭の画像だ。

このコメントに法曹界などから、様々な反応が挙がっている。

安保関連法案・国会の内と外

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています