ライフスタイル

「わたしたち、こんなに大きくなりました」 未熟児たちのあの時と今、命の素晴らしさを物語る

2015年10月05日 01時37分 JST | 更新 2015年10月05日 01時37分 JST

カナダを拠点とする写真家レッド・メトさんが、未熟児だった赤ちゃんが、その後どう成長したかを捉えた写真集「未熟児たち」を発表した。メトさんは「未熟児だった子供たちが成長した姿は、大きな希望のメッセージとなります」とハフポストUS版に語った。

RED MéTHOT

この企画は元々、個人的なものとして始めたものだという。メトさんの2人の子供たちも、未熟児として生まれたのだった。

「それまで私には、未熟児の知識がほとんどありませんでした。そのため、この写真集が人々の助けになればと思ったのです」

自分の子供たちから始まった企画は、同じ時期にNICU(新生児集中治療室)で生まれた子供たちに広がり、さらにFacebookを通じてたくさんの子供たちへと広がった。

写真を撮るとき、メトさんには決めていることがあるという。

「最初の子供が長い間、病院にいたとき、私は自分の子供がこんな姿になるところを見たかった。そんな写真を、撮ろうと決めたんです」

  • 29週で生まれたエヴァ
    Red Méthot
    Projet Documentation, Collège Marsan
  • 29週で生まれたトーマス
    Red Méthot
  • 29週で生まれたマーゴット
    Red Méthot
    Projet Documentation, Collège Marsan
  • 32週で生まれたノア
    Red Méthot
    双子の妹ビクトリアは、生後1カ月で死亡した。
  • 24週で生まれたフェリックス
    Red Méthot

》写真集「未熟児たち」のFacebookページはこちら

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

未熟児たちの昔と今

【関連記事】

赤ちゃんは、どうやってママのお腹に入っているの? 写真は教えてくれる

marry fermont

娘に伝えたい16のメッセージ

christine burke

ハフポスト日本版ライフスタイルはTwitterでも情報発信しています