NEWS

【速報】大阪ダブル選挙、大阪維新がともに当選 橋下徹氏の今後は?

2015年11月22日 20時02分 JST | 更新 2015年11月23日 00時23分 JST

【UPDATE】2015/11/23 0:23

任期満了に伴う大阪府知事選と大阪市長選は11月22日、投開票された。

知事選は、大阪維新の会公認の現職、松井一郎氏(51)が再選を決めた。

市長選も、大阪維新の会公認の元衆院議員、吉村洋文氏(40)が初当選した

自民が府知事前で推薦した元府議の栗原貴子氏(53)と、市長選で推薦した元大阪市議の柳本顕氏(41)は、いずれも及ばなかった。

「大阪ダブル選挙」は、前大阪市長の橋下徹氏と松井氏ら、「大阪維新の会」の今後を占う意味で注目された。ともに勝利を収めたことで、公約していた「大阪都構想」の再提案へ条件が整ったほか、参院選での独自候補擁立や、憲法改正などで考えの近い安倍政権との連携に向けて動きを進めるとみられる。

橋下氏らは、大阪市の行政区域や機構を解体・改編する「大阪都構想」を掲げ、2015年5月に住民投票を実施したが、僅差で否決され、橋下氏は次の市長選に立候補せず政界を引退すると表明した。

その後、国政政党「維新の党」も、安倍政権との連携を模索する橋下氏、松井氏ら「大阪系」と、民主党との政界再編を目指すグループに分裂。橋下氏らは新たに国政政党「おおさか維新の会」を旗揚げし、10月31日に結党大会を開いた。政界引退表明した橋下氏は、市長選に後継となる吉村氏を擁立。松井氏は大阪都構想について「もう一度設計図をつくらせてほしい」と再挑戦を掲げている

国政選挙で維新と真っ向から対立する自民党大阪府連は、それぞれ独自候補を擁立。知事選に立候補した栗原氏は大阪都構想を「蒸し返すのは許せない」と批判。民主党や共産党が「反・維新」の立場から独自候補を擁立せず、自民推薦の栗原氏と柳本氏を実質的に支援するなど、異例の共闘態勢を組んでいた。

一方、安倍晋三首相ら首相官邸は、憲法改正などで橋下氏らとの連携を強めたいとみられ、菅義偉官房長官が自民大阪府連と共産党との共闘を批判するなど、自民党内に温度差がある中での選挙戦となった。

橋下徹氏の政界進出から引退表明まで

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています