NEWS

鶴指眞澄・海老名市議がTwitterで差別発言「同性愛者は異常動物」

2015年11月28日 23時42分 JST | 更新 2015年11月28日 23時51分 JST

ebinashigi

神奈川県海老名市の鶴指(つるさし)眞澄市議が11月29日、自身の公式Twitterで同性愛を「異常人間の行動」と差別発言、批判を受けている。鶴指市議は同性婚の意識調査で賛成が過半数を上回ったというニュースについて投稿した朝日新聞の公式アカウントとNHKの公式アカウントに対し、「倫理観を持った報道をすべきだ」などとクレーム。その後も、同性愛について「生物の根底を変える異常動物」と差別発言を繰り返した。

問題となっているツイートは以下の3つ。

@asahi_tokyo 異常人間をほめるような記事を掲載したりすることが多いが、マスコミの責任感のない記事掲載が問題だ、異常人間が多くなれば人類の破滅、まじめな人間をほめる方法を考えろ、同性愛は異常なのだ、異常なことをすることを取上げる必要はない、責任を持った報道をすべきだ

@nhk_seikatsu 異常人間の行動を正当化した報道はするな、マスコミは、異常な行動をする人物を勇敢のように扱う、あなた方は、同性愛はいいことだと思うのか、異常人間を脚光を浴びせることの影響を考えて報道しろ、まじめな人間こそが素晴らしいいのだ、倫理観を持った報道をすべきだ

最近のマスコミの報道は倫理観に欠けている、何でも珍しいいことがあれば良いネタのようにして報道する、報道したことでその人物はなおさら優越感が出るのだ、一例が同性愛とやらだ!生物の根底を変える異常動物だということをしっかり考えろ!マスコミで取上げる影響を考えろ!まじめ人間が馬鹿を見る

ebinashigi

これらのツイートに対し、同性愛者であることを公言している東京都豊島区の石川大我区議は抗議の声を上げているほか、多くのユーザーから批判が寄せられている。

また、同じく同性愛者であることをカミングアウトしている大阪府の「なんもり法律事務所」の吉田昌史弁護士も鶴指市議に対し、過去に石原慎太郎元都知事が同性愛者に対して差別発言を重ね、日本弁護士連合会から「同性愛者等の性的少数者を蔑視し、社会から排除しようとする差別発言」として警告を受けた事案を示した。

鶴指市議は指摘を受け、11月29日午前11時ごろ、差別発言のツイートを削除、謝罪した。

鶴指市議は2013年に海老名市議会副議長に選出された経歴を持ち、11月に行われた市議選で当選、現在3期目を務めている。公式サイトでは、「私の市会議員としての信念」として、「住んでいてよかったと、誰もが実感できる海老名市づくりを目指しています」と掲げている。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています