Huffpost Japan

バレエダンサーが、クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」を踊ったら...(動画)

投稿日: 更新:
印刷

「スカラムーシュ、スカラムーシュ、ファンダンゴを踊ってくれる?」

2015年は、クイーンの名曲「ボヘミアン・ラプソディー」の発売40周年だった。まだまだ人気は衰えていない。この伝説的な曲を称えるために、イングリッシュ・ナショナル・バレエ団のリード・プリンシパル、高橋絵里奈さんと、ソリストのジェームズ・フォーバットさんが、心に残るデュエットを披露した。ふたりのパフォーマンスは、貧しい家に生まれた可哀想な少年の心情を見事に描いた。

美しい身のこなしと演技力で、ふたりは跳び、回転し、体を折り曲げる。そして、6分間のロック・オペラを踊り切る。本当に素晴らしいパフォーマンスで、クイーンのYouTube公式チャネルも、2人が踊るビデオをアップロードしたくらいだ。

上の動画を確認してほしい。良い部分を見逃さないよう、音楽に合わせて頭を激しくふるのは我慢したほうがいいだろう。

via GIPHY

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

▼写真をクリックするとスライドショーが開きます▼

Close
The Ballerina Project
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【関連記事】
アフリカ系アメリカ人の私が、世界最高峰バレエ団のプリンシパルになるということ。
misty copeland

バレエの天才セルゲイ・ポルーニン 悩み深く、セクシーな舞踊
pop

ハフポスト日本版ライフスタイルはTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png

他のサイトの関連記事

クイーン、“Bohemian Rhapsody”の40周年を記念して英国王立音楽院が楽曲をカヴァー