NEWS

宮崎謙介議員の育休宣言、安倍首相が激励「それでこそ政治家だ」

2016年01月05日 01時11分 JST | 更新 2016年01月06日 22時47分 JST

2月に出産を控える自民党の金子恵美衆院議員=新潟4区=の夫で、1月4日に召集された今国会中に育児休暇を取りたいとの意向を表明していた同党の宮崎謙介衆院議員=京都3区=が、安倍晋三首相から支援の言葉をもらったことを明らかにした。スポニチなどが報じた。

宮崎氏は召集日の4日、和装姿で登院。安倍首相に新年のあいさつをした際に、「それでこそ政治家だ」などと激励されたという。

安倍首相に新年のあいさつをした際に、育休取得について「これでいいんだ。賛否あるけど、俺も反対半分、賛成半分でやっているんだし、それでこそ政治家だ」と激励されたと説明。「一石を投じようという思いでいたので、これで皆さんが真剣に男性の育児休暇って何だということを考えてもらえれば」と話した。



育休議員 安倍首相も後押し「それでこそ政治家だ」 ― スポニチ Sponichi Annex 社会より 2016/01/05 05:30)

法案採決など、緊迫した局面で1票によって違ってくるときにどうするかなどの懸念が党内にあることについては「採決など大きな局面ではいつでも駆けつけられる態勢を整えていく」と“完全育休”は否定した。

宮崎氏は12月「国会議員が率先して取得することで、男性の育児参加が進んでいない現状を変えていきたい」と語り、自身のブログでも、「女性の社会進出が進む中で、少子化対策をするときに効果的なのは男性の育児参加です」と思いを綴っていた。

■国会議員の「育休」「産休」

国会には、育児休暇については規定がなく、男性議員が育児を理由に国会を一定期間休む例は初めてとなる。与党内では「非常に緊迫した局面で1票によって違ってくる」「育休の議員立法を超党派でつくってもいいのでは」など賛否両論が出ていた

国会議員の出産については、衆議院規則185条で「議員が出産のため議院に出席できないときは、日数を定めて、あらかじめ議長に欠席届を提出することができる」と規定。参院にも同様の規定があり、これまでに橋本聖子参院議員ら、衆参で計9人の女性議員が取得している

【関連記事】

金子恵美衆院議員

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています