NEWS

SMAP、生会見の「SMAP×SMAP」最高視聴率37.2%を記録したのは、あの場面だった

2016年01月18日 22時26分 JST | 更新 2016年01月18日 22時43分 JST
The Huffington Post

解散危機が報じられていた人気グループSMAPのメンバー5人生放送で謝罪した1月18日夜のフジテレビ系「SMAP×SMAP」の瞬間最高視聴率が37.2%(ビデオリサーチ調べ)と驚異的に高かったことがわかった。スポニチなどが報じた。

18日にスタートした月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(月曜後9・00)が、初回15分拡大放送のため、この日は午後10時15分からオンエアされた。

番組冒頭、ヒット曲「世界に一つだけの花」とともに過去の映像が流れ、番組に送られたファンからのメッセージが紹介された。続いて、黒のスーツにネクタイ姿の5人は午後10時19分に登場。約3分に渡り、1人1人が心境を明かし、騒動への謝罪やファンへの感謝を口にした。

瞬間最高の場面は、謝罪が終わる頃の午後10時22分。メンバーのあいさつが終了した後、木村拓哉が「これから自分たちは何があっても前を見て、ただ前を見て進みたい」と締めくくり、5人が頭を下げた場面だった

【関連記事】

▼クリックするとスライドショーが開きます▼

ジャニーズを卒業した人々

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています