Huffpost Japan

世界初?白いキリンがタンザニアで発見される

投稿日: 更新:
印刷


とても珍しい白いキリンが、タンザニアのタランギレ国立公園で発見された。

名前はオモ。白いキリンは非常に希少であり、地球上に唯一存在するキリンかもしれないと伝えられている。

オモが最初にみつかったのは2015年。2016年1月25日時点でも生存が確認されている。

「生後1年は、ライオンやヒョウ、ハイエナといった天敵に狙われやすい最も危険な期間です。オモはその1年を生き延びました」と野生生物保護に携わるNPO「ワイルド・ネイチャー・インスティテュート(WNI)」の創設者デレク・リー氏がテレグラフ紙に語った。

しかし、まだ安全とは言えない。

リー氏は、「大人になる確率は高いと考えられます。しかし、大人のキリンも食用として密猟されることがあります。オモは白い色のせいで標的になりやすいかもしれません」と述べた。



2015年4月に投稿されたWNIのブログによれば、オモはアルビノではなくリューシスティックだ。リューシスティックの個体は、細胞の一部が色素を作らないという。

「アルビノとリューシスティックの違いの一つは、アルビノの個体は目が赤いことです。アルビノの場合、目を含むすべての部位でメラニン色素(黒色色素)が存在しません。目にもメラニンが無いため、血管の色がそのまま見えて赤色になるのです」とブログには書かれている。



「現時点で、オモは私たちが知る唯一の白いキリンです。しかしタランギレ国立公園ではリューシスティックのウォーターバック、アフリカスイギュウ、ダチョウが確認されています」とリーは述べている。

なお、オモという名前は、現地のガイドが有名なタンザニアの洗剤にちなんで名付けられた。

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼関連スライドショー(写真をクリック)▼

Close
キリン、色んな表情
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png

他のサイトの関連記事

今年度100万人突破 「アフリカのサバンナ」注目 /神奈川

武装した抗議集団、動物保護公園の建物を占拠 米オレゴン州

世界最古の神殿、新たな保護プロジェクト