写真家のユリア・タイツ氏が、アルビノの人たちを撮影したシリーズの後続を公開した。
負の連鎖を断ち切れるのも、幸福を継承していけるのも、その子にとっての今の家庭環境が大いに影響する。
「アルビノ」のようなものは、検索して出てくるWikipediaなどを読んでみても、いまいちよくわからないことが多いと思います。
生きている人たちを「本」として「貸し出し」、「読んで」もらう「ヒューマンライブラリー」が11月、明治大学の中野キャンパスで開かれた。社会的なマイノリティの人たちを招き、来場者にその人生や経験を語ってもらうイベントだ。その「本」を表紙だけで判断しないでーー。ヒューマンライブラリーは、そう訴える。
アフリカでは、アルビノの人は約96%がアルビノ狩りと皮膚がんが原因で、30歳までに亡くなってしまいます。
写真シリーズは、まるで妖精の世界のようです。