Huffpost Japan

「1分で覚えて描いてね」プロの漫画家が絵の伝言ゲームをしたら、こうなった(画像集)

投稿日: 更新:
印刷

10人の漫画家やイラストレーターが参加した、広告イラストの伝言ゲームがカオスすぎると話題になっている。まずは、10枚の作品を見比べてみてほしい。

Close
PiTaPa記憶イラストリレー
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


これは関西圏を中心に使われているICカード「PiTaPa」の利用促進をはかるキャンペーン「PiTaPa記憶イラストリレー」だ。1分間で前の作家のイラストを覚えて、あやふやな記憶でそれを再現するという内容だが、リレーが進むごとに、当初のイラストが原形を留めないほど変形してしまう。

参加したのはゲームのキャラクターデザインに定評がある寺田克也さん、「ろくでなしBLUES」などのヤンキー漫画で知られる森田まさのりさん、「真夜中の弥次さん喜多さん」などの代表作があるしりあがり寿さんなど。

作家陣からは「1分」という想像以上の時間の短さと情報量の多さに、「覚えられない」「やばい」「誰だこんな企画考えたの」の声が多数出たという。京阪神地区の駅貼りポスターとして1月11日から順次公開され、2月8日に全10種類が出そろった。

■メイキング動画

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

PiTaPa.com(ピタパドットコム)[ポストペイでらくらく決済。PiTaPaで ...

大阪市交通局|PiTaPa(ピタパ)サービス - 大阪市交通局|交通局

寺田克也ら豪華作家陣10名がイラストを1分で覚える"伝言ゲーム" -PiTaPa

東海道・山陽新幹線でチケットレス ICカードで乗車可

PiTaPaシンボルキャラクター「ぴたまる」がピンチ!! シンボルキャラクターの座から失脚する可能性も…

PiTaPa、コンビニエンスストア「アズナス」でポイント10倍キャンペーンを実施

「PiTaPa」キャラ「ぴたまる」、契約延長へ 戦力外通告を回避

PiTaPaキャラクター「ぴたまる」がリストラの危機…生き残り賭け、PR動画公開