Huffpost Japan

【ベルリン映画祭】西島秀俊、喝采浴びる「これまで感じたことがないほどの......」

投稿日: 更新:
HIDETOSHI NISHIJIMA
(From L) Japanese Actors Teruyuki Kagawa, Hidetoshi Nishijima, director Kiyoshi Kurosawa and Japanese actress Yuko Takeuchi pose durring a photocall for the film 'Creepy' at the 66th Berlinale Film Festival in Berlin on February 13, 2016. / AFP / John MACDOUGALL (Photo credit should read JOHN MACDOUGALL/AFP/Getty Images) | JOHN MACDOUGALL via Getty Images
印刷

oricon style

西島秀俊、14年ぶり『ベルリン映画祭』で喝采浴びる「とても幸せな上映」

俳優の西島秀俊、香川照之らが現地時間13日、ドイツ・ベルリンで開催中の『第66回ベルリン国際映画祭』(2月11~21日)で上映されたワールドプレミア後、舞台あいさつに登壇した。ベルリナーレ・スペシャル部門に正式出品された自身の主演作『クリーピー 偽りの隣人』(6月18日公開)の上映後、客席を埋め尽くした1650人の喝采を浴びた西島は「盛り上がりと反応の良さは、これまで感じたことがないほどで、とても幸せな上映でした」と喜びをかみしめた。

同作は、ある夫婦の日常が“奇妙な隣人”への疑惑と不安から、深い闇へと引きずり込まれていく恐怖を描くサスペンス・スリラー。奇妙な隣人役を演じる香川がドイツ語で「皆さん、こんばんは。香川照之です。私は映画のキャラクターと同じ性格です」とあいさつすると、西島も「香川さんは、ちょっとクレイジーなところがあります」と乗っかり、会場の笑いを誘った。

2002年にパノラマ部門で出品された『いたいふたり』以来、14年ぶりの出品となる西島は「ベルリン映画祭に呼んでいただいたこと、こんなに素晴らしい劇場で、たくさんの皆さんに観ていただいたことを非常に光栄に思っています」としみじみ。「とても大きな劇場で、入った瞬間に驚きました。観客の皆さんと一緒に映画を観て、とても楽しんで観てくれていると感じました」と手応えをにじませた。

舞台あいさつにはほかに、黒沢清監督、女優の竹内結子も登壇した。 【関連記事】

▼写真をクリックするとスライドショーが開きます▼

Close
第66回ベルリン映画祭に登壇した西島秀俊ら
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

「民放5年間出演禁止」で干され続けた西島秀俊がブレイクした男前な ...

「クリーピー」西島秀俊、黒沢清らがベルリン国際映画祭で喝采浴びる

西島秀俊、向井理 久々の朝ドラで「独特の空気」実感、楽しむ