Huffpost Japan

チョコレートを食べると脳の働きが良くなる(研究結果)

投稿日: 更新:
印刷

chocolate

あなたがチョコレートについて詳しいなら……あなたはもう既にかなりスマートだ。

ジャーナル誌『アピタイト』に発表された新しい研究によれば、チョコレートを頻繁に食べると、脳が冴える可能性があるらしい。

国際研究チームが、アメリカのシラキュース大学の継続研究を使ってデータを分析した。この研究は、ニューヨーク中心部の住民グループの健康状態を40年にわたって継続的に追跡しているものだ。チョコレートを頻繁に食べる人は、抽象的思考、視覚記憶など、脳を使うあらゆる種類のテストで、より優秀な成績を残したことを発見した。

結論:ある種類のチョコレートを食べることは、今のところ脳の機能を高める方法といえるかもしれない。将来的には認知症の予防に役立つ可能性もある。

via GIPHY

チョコレート――すなわち純度の高いでダークチョコは――長い間、心臓の健康増進に役立つとされてきたが、研究グループが『アピタイト』で指摘したような「チョコレートが脳に与える影響」は、より新しいテーマだ。例えば、ココアを飲むことで、高齢者の脳への血流を増加させる場合があることがわかっているが、これは新しい研究分野なので、取り組まなければならない課題も多い。

この研究のため、23歳から98歳までの968人の研究参加者に、チョコレートとその他の食べ物を食べた頻度を記録するように依頼した。それから、脳の機能を測定するために、参加者は様々なテストを受けた。より頻繁にチョコレートを食べていた人は、視覚や空間記憶、スキャニング、トラッキングや抽象的推論のテストで、より優秀な成績を残す傾向があった。

つまり、少なくともいくつかのテストでは、彼らの脳はよりよく働いていた

2016-02-27-1456551832-70780-56cdce2b1500002b000b09a41.jpeg

脳の機能を高めることにつながるチョコレートの摂取量や種類はまだ判っていないが、ダークチョコレートの方が効果的なようだ。ココアパウダーには砂糖が入っていないし、一部の専門家は脳機能を高める効果があると考えられているフラバノールも豊富に含まれている。

「チョコレートやココアのフラバノールと認知の関係のメカニズムを探求するために、さらなるテストと継続研究が必要となりますね」と、研究グループは書いている。

いずれにしても、これは今夜(健康的な!)ブラウニーを作るための素敵な言い訳になりそうだ。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

▼写真をクリックするとスライドショーが開きます▼


【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png

他のサイトの関連記事

みんなの推薦 チョコレートのお菓子 レシピ 3196品 [クックパッド] 簡単 ...