chokoreto

【新商品】コンビニで先行発売中の「ピノ ピスタチオ」。香ばしい香りと、カリッとしたトッピングがポイントです。口に入れると、上品な味と香りで満たされていきます。幸せ…!願わくば永遠に溶けて無くならないで欲しい…!
日本は世界有数のチョコレート消費国で、カカオの仕入れ先の8割はガーナ。そこでは77万人の子どもが学校に行かずにカカオ栽培をさせられている。
コンビ名を「チョコサス」に変えると冗談まじりに語った長田さん。社会課題を前に「難しい!」と14回も連発しながらも、向き合った。
SNSで「売り切れていた」などの書き込みが相次いだミスドとピエール マルコリーニのコラボドーナツ。販売状況や、実食レポをお伝えします。
最近「エシカルチョコ」という言葉も耳にするようになりました。児童労働や格差、気候危機の影響などが問題視されるチョコレート産業。「これを買っておけば間違いなし!」と言い切れない難しさもありますが、ハフコレ編集部なりにおすすめのチョコを選んでみました。
ハフコレ編集部
“「ズコーン」と頭を打たれた気分になった私。そうだよね、100円の板チョコの「しわ寄せ」が世界の誰かの不幸に繋がっているのかもしれないんだもんなあ…”
山崎大祐副社長は「コンビニで買える100円のチョコではない。技を競い合う職人の世界のチョコでもない。ファッションの会社であるマザーハウスにしか作れないチョコを作りたい」と語ります。
本命チョコ、義理チョコ、友チョコ、自分へのご褒美チョコ…。多様化するバレンタインのチョコレート選び。予算相場や新トレンドのSDGsで選ぶチョコなど、おすすめの人気商品を紹介します。
ハフコレ編集部
「応募させて頂きました!コロナが落ち着けばまたGODIVAのチョコレートを買いに行きたいです」と喜ぶ声も。
ギフト選びのつもりが、いつの間にか自分用に…それもあり!
ハフコレ編集部