Huffpost Japan

え、寝る前に食べていいの? 睡眠の質を高める食材がありました。

投稿日: 更新:
EAT IN BED
Woman eating bowl of cereal | Kactus via Getty Images
印刷

睡眠を改善したい? 信じられないかも知れないが、寝る前に食べることが睡眠の質の改善につながるかもしれない。

寝る前に食べると体重が増加したり眠れなくなったりする。だから、寝る前に食べてはいけない。これが、今までの常識だった。実際に、最近行われたある研究によれば、他の人より早く夕食を食べた人は、遅い時間に食べた人より25パーセント多く体重を減らしたことが明らかになっている

しかし、アメリカ栄養士会の広報担当で栄養士のアリッサ・ラムジーは「炭水化物が多く含まれた軽食などは、眠りを助ける可能性がある」という。

原因は、新陳代謝に影響を与えるホルモンである「インシュリン」だ。

「インシュリンは、あなたの睡眠のリズムに影響を与えます」と、ラムジーはハフポストUS版に述べた。「炭水化物など、インシュリンの分泌を促進するようなものを食べると、健康的な24時間周期のパターンを促進するのに役立つと考えられます」

インシュリン分泌などによって血糖値が上昇した結果、必須アミノ酸のトリプトファンが脳内に入り、睡眠がもたらされる、というのだ。

体重を増やさずに睡眠の効果を感じるには、炭水化物を大量に摂取するのではなく、炭水化物とタンパク質をバランスよく組み合わせた少量の食べ物を摂取する方が良い、とラムジーは言う。

「睡眠促進のためには、150〜200キロカロリー程度に留めておくべきです。炭水化物と少しタンパク質が含まれているものが良いでしょう」と彼女は述べた。また、乳製品などトリプトファンを自然に含む食品もあり、これも睡眠をサポートするという。

「私ならシリアル1杯を牛乳と一緒に食べることや、全粒粉のクラッカーにチーズをのせて食べることをお勧めします。分量は少量に抑えるべきで、脂肪が多く含まれていたり、本当に高タンパクな食事は避けるべきです。炭水化物が多く含まれている方がいいです」

一方で、チョコレートやお茶のように、カフェインを含む食品(カフェインに敏感な人には、カフェインフリーのお茶でも影響を与える可能性がある)は避けたほうがいいと注意する。

ぐっすり眠るための、健康的で栄養のある軽食の7つの例(1週間分)は以下のとおり。

  • 大さじ1杯のアーモンドバターと全粒粉のトースト1枚
    BWFolsom via Getty Images
  • フルーツ1かけらと大さじ1杯のピーナッツバター
    Steve Cohen via Getty Images
  • お米1/2杯
    gilas via Getty Images
  • シリアル2分の1カップとミルク
    Creative Crop via Getty Images
  • クラッカー2〜3枚とチーズ
    etienne voss via Getty Images
  • ギリシャヨーグルト2分の1カップ
    Magone via Getty Images

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。


【関連記事】

▼画像クリックで開きます▼

Close
睡眠不足かもしれない6つのサイン
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
ハフポスト日本版ライフスタイルはTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png

他のサイトの関連記事

寝る前に食べるなら何がベスト?