ライフスタイル

疲れがとれるだけじゃない。睡眠時間を大切にするべき10の理由

2016年03月07日 16時20分 JST | 更新 2016年03月07日 16時23分 JST

今日、大きなあくびをしませんでしたか?

ワークライフバランスの重要性も広まりつつあるが、まだまだ現代社会では、長い時間働くことは美徳とされているかもしれない。でも、1日1〜2時間、寝る時間も惜しんで休息を取らずに働くことは、良いどころか、悪影響しかない。

睡眠時間をきちんとスケジュールに入れ、管理する必要があるだろう。睡眠不足によって疲弊するだけではない。きちんとした睡眠は、疲れを取る以外にもたくさんのメリットがある。10の理由を紹介しよう。

TARA MOORE VIA GETTY IMAGES

1,睡眠は記憶力を向上させる

脳力トレーニングなんてやめてしまおう。睡眠をしっかり取ることで、頭の回転が良くなる。睡眠は短期記憶力を向上させる。また、ハーバード・メディカルスクール睡眠薬学部によると、次の日の情報処理能力も上がるという。徹夜明けの学校が辛かったのは、そういうことだったのだ。

2.イライラしない

よくイライラすると感じることがあるなら、それはきっと睡眠が足りていないから。2015年に発表された調査結果によると、ちゃんと睡眠をとらないと、感情を処理することが難しくなり、普通のことに対しても不快な反応を起こしやすくなるという。寝るほど幸せな気分でいられるというわけだ。

3.精力が向上する

疲れているときに、パートナーとロマンチックな時間を楽しもうとしても難しい。ある研究によると、睡眠不足はEDや性欲低下の原因にもなるという。寝るほど素晴らしいセックスにつながるなんて、こんなに良いことはない。

4.睡眠は寿命を延ばす

不老の泉は存在しないかもしれないが、毎日7〜9時間の睡眠は似たようなものだと言っても過言ではない。ある調査によれば、睡眠時間が短いと寿命が縮み、つねに疲弊した状態でいることは人生の質に影響を及ぼすという。

5.風邪を引きにくくなる

風邪薬なんて飲まなくても大丈夫。バクテリアやウィルスを撃退する一番の方法は、健康的な習慣と睡眠だ。ある調査は、睡眠不足によって、人はより体調を崩しやすくなると指摘している。免疫力を上げるためには布団に入ろう!

6.クリエイティブになれるかもしれない

イノベーションを起こせるのは、しっかり休息できている脳だ。ハーバード大学の研究によると、クリエイティブな方法で課題を解決するには、しっかりと眠った後の方がずっと簡単だという。さらに、覚醒と睡眠の間にあたる「入眠する時」は想像力に富んだアイデアが浮かぶこともあるそうだ。もう少し眠れば、素晴らしいひらめきに出会えるかもしれない。

7.健康的な体重と筋肉量を手に入れられる

健康的な身体に変わる瞬間は、キッチンやジムではなく、布団の中で訪れる。ある研究によると、ダイエット中たくさん眠った人の方が、減量プログラムにおいて体脂肪を早く落とすことができたという。さらに、同じ研究は、睡眠不足により筋肉が衰えることも指摘している。それは困る。

8.ストレス知らずに

もう嫌になったから寝てしまいたいと思ったことはないだろうか。あながちそれは間違いではなかった。睡眠とストレスとは密接に関係している。たっぷり眠ることで気分が良くなるだけでなく、血圧まで下がるのだ。

9.より安全な運転ができるようになる

眠気を感じながら運転するのは、酒に酔った状態で運転するのと同じくらい危険だ。アメリカでは、居眠り運転により年間10万件以上の交通事故が起きており、1500人もの人が亡くなっている。睡眠不足は、反応や判断が鈍くなりとても危険なのだ。

10.とにかく気持ち良い!

たくさん眠って目を覚ました時の満足感といったら! これ以上気持ちの良いものはない。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

▼画像クリックで開きます▼

睡眠不足かもしれない6つのサイン

【関連記事】

ハフポスト日本版ライフスタイルはTwitterでも情報発信しています