Huffpost Japan

3月11日に卒業祝い給食、「震災の日に非常識」の声も みんなはどう思う?

投稿日: 更新:
印刷

埼玉県吉川市の中学校の給食で、「卒業お祝い献立」の日が3月11日となったことについて、教職員などから「震災のあった日にお祝いなんて非常識」という声が上がっている。埼玉新聞が報じた。

埼玉県南東部にある人口約7万人の吉川市。市内には中学校が3校あり、毎年、給食の最終日に卒業お祝い献立を提供しているという。今年は15日が卒業式で、土日を挟むため11日が最後の給食になった。

献立は栄養士、市教委の職員、学校給食センターの所長など20人以上で構成する研究協議会で決めているが、市教委によると、3月の給食を決めた際、異論は出なかったという。

しかし、市内の中学の男性教諭は「献立は3月に学校に配布され、市教委に日にちの変更を求めてもなしのつぶてだった。生徒に説明できない。鎮魂の日で祝う日ではない」と問題視している。

3月11日に卒業祝い給食は非常識? 吉川の中学校で賛否…困惑もより 2016/03/10 )

市教委は「既に献立も各校に配布しており、材料も発注している。変更は極めて難しい」とコメントしている。

学校生活の最後に給食を楽しんでもらう「卒業祝い給食」は、各地行われている。吉川市の卒業祝い給食では、赤飯などが並ぶ予定だという。

■Twitterの声

Twitter上にも様々な声が寄せられている。その一部を紹介する。

【関連記事】

▼クリックすると画像集が開きます▼

Close
震災から5年目の石巻市
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

【震災5年】佐久市 食を通じて友好都市支援 給食に岩手・大船渡の銘菓 ...

【震災5年】佐久市 食を通じて友好都市支援 給食に岩手・大船渡の銘菓「かもめの玉子」

自分で測る放射能=寮美千子 /奈良

復興へ支援継続を 千葉のバイオリニスト・加藤さん、13日チャリティーコンサート /千葉

東日本大震災5年 第2部 産業再生/1 労働力、仙台一極集中

【震災5年の歩み・第2部⑤】キャベツの「悲鳴」 畑に立てた線香

「心情あふれる支援を」 被災地での経験をかみしめる女性自衛官