kyushoku

ネズミとみられる体長5センチほどの小動物の死骸が混入していました。
低所得者の家庭を、毎日徒歩で訪問している先生がイギリスにいます。しかし…
対象となるのは、世田谷区内に在住し経済的な理由や保護者の病気等により昼食を食べることができていない小学生・中学生だ。
「もったいなかった」と話している教諭は、持ち帰った給食分の全額を返還をした上で退職したそうです。
「安くて栄養価のある食品に頼ってきたが、限界」。市教委は来年度から月額600円値上げする方針です。
夏休みが始まると、体重を減らしてしまう子どもたちがいる。そんな話を聞いたことはないだろうか?家で十分な食事をとることができていないため、給食がなくなると、成長に必要な最低限の栄養さえとれずにやせてしまうのだ。そんな子どもたちを少しでも減らそうと、NPO法人キッズドアが奮闘している。
「メンタルヘルス不調は誰でもなりうるものですし、治療のために仕事を休む必要が出てくることも少なくありません」と、産業衛生専門医は語ります。
前向きなことに取り組んでいたわけでもない20代の「名もなき休憩時間」があったからこそ、30代の仕事モード、そして、いまがある。
健康状態の改善と環境負荷の低減への取り組み
ナイスアイディア! もったいない残り物が子供たちの空腹を救う。