Huffpost Japan

【美味しんぼ】原作者の雁屋哲氏が「そろそろ終わりにしたい」 理由は...

投稿日: 更新:
印刷

人気漫画「美味しんぼ」の原作者、雁屋哲氏が、3月22日に更新したブログで「そろそろ終わりにしたいと思っています」と連載終了を示唆した。

「美味しんぼ」は小学館の「ビッグコミックスピリッツ」誌で1983年から続き、単行本も111巻が発行された人気漫画。雁屋氏は、以下のように述べている。

いくら何でも連載30年は長すぎだ。

そろそろ終わりにしたいと思っていますが、どんな形で終わらせるか。

今までの登場人物総出演で、美味しい食べ物の話でどんちゃんどんちゃん楽しく騒いで大団円。

そう考えています。

スピリッツ誌からのお知らせを、今少しお待ちください。

またまた、ご無沙汰を | 雁屋哲の今日もまたより 2016/03/22)

「美味しんぼ」は、2014年4月に連載していた「福島の真実編」で、福島第一原発を訪れた主人公・山岡士郎が直後に鼻血を出す場面があり、地元の福島県双葉町が小学館に抗議するなど社会問題化した。

「福島の真実編」が終了した2014年5月以降、「美味しんぼ」は休載しているが、雁屋氏は「鼻血問題」の影響について「念を押しておきますが、今回の休載は、例の鼻血問題で各方面から圧力がかかったからではありません。(中略)たとえどの方面から、どのような圧力がかかろうとも、スピリッツ編集部、小学館は勿論、作者である私も、それに屈することは絶対にありません」と否定している。

【関連記事】

▼関連スライドショー(写真をクリック)▼

Close
長生きするための17の食材
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド



ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

美味しんぼ - Wikipedia

作品詳細『美味しんぼ』 | ビッグコミックスピリッツ公式サイト -スピネット-

雁屋哲の今日もまた