oishinbo

ライバル2社が山岡士郎と京極万太郎になりきっている...
一橋大学のサークルが作成した「ごみ三銃士」イラストが、ネット上で話題になっている。
人気漫画「美味しんぼ」の原作者、雁屋哲氏が、3月22日に更新したブログで「そろそろ終わりにしたいと思っています」と連載終了を示唆した。
アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』のねずみ男や『美味しんぼ』の海原雄山の声で知られる、声優で俳優の大塚周夫さんが15日、虚血性心不全のため死去したことがわかった。85歳だった。
『美味しんぼ』の原作者・雁屋哲氏が、原発事故をめぐって主人公が鼻血を出す描写が問題となった騒動について、自身の意見をまとめた本を出版することを明らかにした。
2014年も早くも折り返し点を過ぎた。ハフィントンポスト日本版で人気を集めた記事を中心に、ネットで話題になった人物をスライドショーにまとめてみた。
人気マンガ「美味しんぼ」の主人公・山岡士郎は、福島第一原発を訪れた後に鼻血を流します。実名で登場する被災地の前町長は、「私が思うに、福島に鼻血が出たり、ひどい疲労感で苦しむ人が大勢いるのは、被ばくしたからですよ」と断言します。これでは個人的な感想をもとに「福島にはもう住めない」といっているようなものですから、風評被害との抗議が殺到するのは当たり前です。
私は先日、漫画『美味しんぼ』の鼻血騒動に思わず乗ってしまったが、議論の推移を見守っていて、とても不思議に思ったことがあった。「なぜ、放射線による直接的な健康被害の有無にこだわるのだろうか?」という疑問である。放射線の直接的な影響についての評価には不明な点が残るが、精神的な影響を介した広範な健康への被害については、明らかに存在していると考えられるからだ。
シリーズ「美味しんぼと"三国鼎立"」最終回です。できましたら、私の立場・背景・考え方に目を通していただけるとありがたいです。最後となる本記事では「エピローグ」と題しまして、「美味しんぼ 福島の真実編」をマンガ作品として評価したいと思います。
このシリーズのタイトルにずっと「三国鼎立」という言葉を使い続けてきましたが、過去3回の記事では、これが何を言わんとしているのか、触れてきませんでした。