Huffpost Japan
吉野太一郎 Headshot

【熊本地震】ルポ・震度7の益城町、1週間後も被害はほぼ手つかず(パノラマ画像)

投稿日: 更新:
印刷

震度7を2度にわたって記録するなど、4月14日の一連の熊本地震で最も揺れの激しかった熊本県益城町。

地震発生から1週間が過ぎて訪れてみると、町はまだ、発生直後の状態から先に進めていなかった。

※画像クリックで拡大します。
1

中心部を歩いてみると、町役場は、渡り廊下にひびが入り、体育館は窓ガラスが割れたまま立ち入りが禁止されていた。至る所で倒れた電柱や、倒壊した建物が目につく。西日本新聞によれば、17日に町が実施した応急危険度調査で、62.6%にあたる209件の建物が「危険」と判定されたという。

※画像クリックで拡大します。
2

2階部分が落ちている店舗や住宅は、一部で解体作業が始まってはいるが、大半はなすすべもなく放置されている。「余震が続いており、倒壊した建物の撤去などにも危険が伴う」(支援関係者)という事情もあるのかもしれない。

※画像クリックで拡大します。
3

なすすべがないのは人も一緒だ。吉本洋子さん(63)は営んでいる理美容店が全壊、自宅も半壊して3世代一家7人が避難所暮らしだ。役場前の広場で炊き出しのカレーを食べながら「家も職も失った。今は横になれるだけで、雨風しのげるだけでありがたい。ここで知り合いと顔を合わせるだけでも、気持ちはずいぶん違う」と、精いっぱいの笑顔を見せた。

※画像クリックで拡大します。
4

家が無事でも、生活再建の見通しは立たない。友村美衣さん(37)は自宅は無事だったが、余震を警戒して家族と車中泊を続ける。中学3年の娘が通う中学校は地震で閉鎖され、再開のめどは立たない。「今年受験なのに。5月の体育祭を娘も楽しみにしていたのに。どうすればいいの」と途方に暮れる。

回数が減ったとはいえ、余震が収まらない熊本。「再建」に踏み出せるのは、まだまだ先のようだ。

Also on HuffPost:

Close
熊本地震・震度7の益城町(2016年4月23日)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

益城町、建物にも住民にも傷 2度の震度7「心折れた」

ボランティアが入浴の介助も 熊本・益城町

熊本 益城町で「災害ボランティアセンター」始動

熊本市と益城町 避難所指定の30施設が使えず