Huffpost Japan

黒島結菜の主演で「時をかける少女」 日テレの連ドラで復活

投稿日: 更新:
YUINA
ソニーミュージックの公式サイトに掲載された黒島結菜のプロフィール | sma.co.jp
印刷

oricon style

『時をかける少女』が黒島結菜で復活「全力でかけ抜けたい」

『カルピスウォーター』のCMに出演中の女優・黒島結菜が7月期日本テレビ系連続ドラマ『時をかける少女』(毎週土曜 後9:00)で主演を務めることが、わかった。1965年の原作発表以来、累計250万部を超える大ロングセラーを記録した筒井康隆氏による青春SF小説の金字塔が連ドラで復活。理科実験室でラベンダーの香りをかいでから、「時を自在に超える能力」を身につけた少女・芳山未羽を黒島が演じるほか、彼女との淡い恋の相手となる未来人・深町翔平にはSexyZone菊池風磨が起用され、フレッシュな2人がこの夏をかけ抜ける。

これまでも大林宣彦監督・原田知世主演の大ヒット映画を始めとして幾度となく映像化・アニメ化されてきた同作。今回は、最大の特徴として未羽と同じ高校3年生でありながら実は2122年から来た研究者で未来人のケン・ソゴルこと深町(菊地)側からみたオリジナルストーリーを筒井氏も快諾の上で展開していく。

将来に悩みながらも、能力を通してさまざまな経験をすることで、自分を見つめなおしていく未羽と、高校生として初めての「授業」や「学校祭」など思い出が増えていくたび、最初はただ利用するつもりだった未羽や友達、先生や家族たちへ愛着を感じ始め、みんなの語る「夢」や「友情」や「思い出」をうらやましく思い始める深町…。双方の視点が物語に深みを持たせる。

さまざまな映像作品出演に加え、そのチャーミングな“太眉”も話題の黒島。満を持して連ドラ初主演を務めるが「プレッシャーはありますけれど、皆さんが知っている作品に出演できるのが有難く、プレッシャーよりも頑張ろうという気持ちが大きいです」と胸を張る。「観てくださる皆さんの記憶に残るような作品にするために、この一夏をキャストスタッフの皆さんと一緒に、一生懸命全力で駆け抜けたいと思っていますので、よろしくお願いします」と呼びかけている。

一方、菊池は「役の上で未来人だからこそ感じることができる日本の四季の美しさや、淡い恋物語、人の温もり等、今の我々が忘れかけている幸せをお伝えできるように頑張ります」とコメント。「舞台は夏であり、夏ならではの楽しさと、楽しさ故の儚さを感じることができる季節だと思うので、そんな日本の夏を感じて頂けると嬉しく思います」と期待を込めている。

【関連記事】

Also on HuffPost:

Close
80年代アイドル 美少女たちは今
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡