Huffpost Japan

ドナルド・トランプ氏、金正恩氏との会談に意欲 「何の問題もない」

投稿日: 更新:
TRUMP
A combination photo shows a Korean Central News Agency (KCNA) handout of North Korean leader Kim Jong Un released on May 10, 2016, and Republican U.S. presidential candidate Donald Trump posing for a photo after an interview with Reuters in his office in Trump Tower, in the Manhattan borough of New York City, U.S., May 17, 2016. REUTERS/KCNA handout via Reuters/File Photo & REUTERS/Lucas Jackson/File PhotoATTENTION EDITORS - THE KCNA IMAGE WAS PROVIDED BY A THIRD PARTY. EDITORIAL USE ONLY. REUTE | Reuters Staff / Reuters
印刷

アメリカ大統領選で共和党の指名獲得を確実にした不動産王、ドナルド・トランプ氏は5月17日、ロイターのインタビューに応じ、北朝鮮の金正恩労働党委員長と会談する意向を示した。現在の北朝鮮を孤立させる政策を見直し、核開発をやめさせるのが目的だという。

マンハッタンにそびえる「トランプ・タワー」26階で行われたというインタビューのテーマは多岐にわたり、トランプ氏は対北朝鮮政策の詳細を明らかにすることはなかった。

しかし、「私は彼(金氏)と話をしたい。何の問題もない」と述べた。さらに、「同時に、(北朝鮮の重要な支援者である)中国にも強い圧力をかける。経済的に、米国は中国に対して大きな力を持っている」「中国ならば、わずか一回の会談や電話でも(北朝鮮の核)問題を解決できる」と語った。

対北朝鮮に対して、個人的な外交交渉のパイプを持っていないオバマ現大統領との違いを際立たせる狙いがあったようだと、ロイターは報じている。

▼画像集が開きます▼

Close
ドナルド・トランプ氏
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡