Huffpost Japan

残り物、温め方を知っていれば、とても美味しく食べられます

投稿日: 更新:
PIZZA
Letterbox panorama of sliced ham pizza with capsicum and olives on wooden board on table | f9photos via Getty Images
印刷

残り物には、どこか寂しい印象がつきまとう。「おかずは、昨日の残り物ね」と聞くと、ちょっとがっかりしないだろうか。

だけど残り物は、正しい方法で温めれば、できたてに負けないくらい(時にはそれより)美味しくなる。

例えばピザ。焼きたてのピザは、本当に美味しい。だけど次の日に余ったピザを電子レンジで温めても、ぐにゃっとしてまるで別の食べ物のようだ。

でも、ピザを温めるのに一番いいのは、電子レンジじゃなくて実はフライパンだ。フライパンは、昨日のピザを見事に生まれ変わらせる。

ほんとにちょっとしたことだけれど、「温め直す方法」は食生活を大きく変えてくれる。ウェブサイト「Happy To Survive」が教えてくれる「残り物の一番いい温め方」をご紹介しよう。

ピザ:フライパンで、ふたをして3〜4分温める。

スープ:鍋にいれ、焦げるのを防ぐために約1/4カップの水を加えて温める。

マフィン:オーブンで、扉を閉めて176℃で15分、その後扉をあけて3分温める。

ステーキ&チキン:小さく切って、フライパンで温める。

野菜のロースト:オイルを少し振りかけて、オーブンで温める。

パスタ:鍋に入れてオイルと水を少し加え、温める。

グラタンなどのオーブン料理:パラフィン紙に通気用の穴を開けて覆い、電子レンジで温める。

炒め物:よく混ぜて、電子レンジで温める。

魚介類:オーブンで、低温でゆっくり全体に熱がまわるまで温める。

茹でた野菜:お皿に均等に広げ、水に浸したペーパータオルで覆って、電子レンジで温める。

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼画像集が開きます▼

Close
残ったご飯をおしゃれにアレンジ
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png