Huffpost Japan

東京オリンピック、期間中のプロ野球中断へ「阪神戦の方がオモロイやんか」の声も

投稿日: 更新:
OLYMPIC BASEBALL JAPAN
Japan's national team congratulate each other after their 4-0 win against China in the World Baseball Classic first round at Tokyo Dome on March 5, 2009. The top two teams will advance to the second round in the United States from Pool A featuring Japan, Olympic champion South Korea, Taiwan and China on March 5-9. AFP PHOTO/Kazuhiro NOGI (Photo credit should read KAZUHIRO NOGI/AFP/Getty Images) | KAZUHIRO NOGI via Getty Images
印刷

日本野球機構(NPB)は7月4日の実行委員会で、2020年東京オリンピックの大会期間中に、プロ野球の公式戦を中断する方針を固めた。オリンピックでの「野球・ソフトボール」復帰を見据えたもの。オリンピック期間中の大規模なペナントレース中断は初めて。朝日新聞デジタルなどが報じた。

国際オリンピック委員会(IOC)は6月の理事会で、2020年東京オリンピックの追加種目として、野球・ソフトボールを含む5競技18種目を承認。8月の総会で行われるIOC委員による投票で、これらの競技を一括で採用するかどうかを最終決定する。

日刊スポーツによると、投票権を持つ約100人のIOC委員は野球人気が高くない欧州出身者が多数を占める。そのため日本側は5競技を一括でパッケージ提案。誰もが反対しにくい情勢を狙っていた。

2020年東京大会の期間は、7月24日~8月9日と約2週にわたる。レギュラーシーズンの約70試合前後が開催できなくなるが、NPBの熊崎勝彦コミッショナーは「プロ野球界として東京オリンピックに全面的な協力を行うというこれまでの姿勢は揺るぎない」とコメント。総会前にシーズン中断の方針を打ち出すことで、オリンピックへの協力姿勢をアピールした。11日の12球団オーナー会議で正式決定することになる。


■「阪神戦の方がオモロイやんか」の声も

このニュースに対し、ネットからは様々な声が出ている。


▼画像集が開きます▼

Close
プロ野球選手の妻たち
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡