NEWS

都知事選は主要3氏の争いへ。浮かんでは消えた、様々な候補たち(UPDATE)

2016年07月13日 18時44分 JST | 更新 2016年07月13日 20時37分 JST
時事通信社

【UPDATE】2016/07/13 20:35

慌ただしく様々な顔ぶれが浮かんでは消えた東京都知事選は、告示前日の13日、宇都宮健児氏が立候補のとりやめを発表し、主要3氏の争いとなる構図が固まった。

あす告示を前に、これまでの動きをまとめた。

与党系
野党系
6月29日 koike
小池百合子氏が出馬表明
7月4日 masuda
東京23区の区長らが増田寛也氏に出馬要請
7月6日 koike
小池氏「冒頭に都議会を解散」
7月7日 ishida
石田純一氏、立候補に含み
7月8日 junichi ishida
石田氏「野党統一候補なら出る」→11日辞退
7月10日
参院選投開票
renhou
蓮舫氏、出馬は「ありえません」
7月11日 masuda
増田氏が立候補表明
koga
民進党都連、古賀茂明氏に出馬要請
koike
小池氏、自民党都連に進退伺提出へ
utu
宇都宮氏も立候補を表明→13日に取りやめ
7月12日 torigoe
鳥越俊太郎氏が出馬表明
4to
野党4党、鳥越氏を支援で一致

与党・自民党陣営では衆院議員の小池百合子氏、元総務相の増田寛也氏が対決することになり、17年ぶりの与党分裂選挙となった。野党側はジャーナリストの鳥越俊太郎氏を統一候補として擁立した。この3人を軸に争われるとみられる。

関連記事

次の東京都知事選に名前が挙がった人たち