Huffpost Japan

フランス・ニースで花火の見物客に車突っ込む、80人死亡か テロの可能性も【UPDATE】

投稿日: 更新:
NICE
In this UGC video grab provided by Harp Detective on Thursday July 14, 2016, people run out from the scene after a truck drove on to the sidewalk and plowed through a crowd of revelers who’d gathered to watch the fireworks in the French resort city of Nice. Officials and eyewitnesses described as a deliberate attack. There appeared to be many casualties. (Harp Detective via AP) | ASSOCIATED PRESS
印刷
spinner

・フランス南部のニースで7月14日、フランス革命記念日の花火見物客にトラックが突っ込んだ。

・少なくとも80人が死亡

・地元検察はテロの可能性があると指摘

フランス南部のニース市で7月14日夜、フランス革命記念日の花火見物客にトラックが突っ込んだ。検察当局は少なくとも75人が死亡した恐れがあり、100人以上が負傷したと述べた。CNNなどが報じた。地元メディアや目撃者によるとテロの可能性があるという。

ニース市のセバスチャン・ハンバート市長代理はロイターに、トラックの運転手は射殺されたと述べた。

ニース市があるアルプ=マリティーム県のシルヴィ・トフィン報道官はAP通信に、トラックが見物客に突っ込んだのは意図的なもので、「襲撃だった」と述べたが、詳細な説明は避けた。

ニース市に住むワシム・ボウヘルさんはAP通信の取材に対し、「道路の上はまるで大虐殺が起きたようだった」「遺体が散乱していました」と語った。

AFP通信は、白いバンが猛スピードで歩行者たちの列に突っ込み、次々に跳ね飛ばされたと伝えている。

フランスのフランソワ・オランド大統領は事件に対応するため、パリで緊急危機管理会合を招集した。

警察は住民に外へ出ないよう呼びかけ、医療チームが現場に急行している。

SNSには通りにいる人たちが走って逃げる様子が次々と投稿された。衝突の原因はまだはっきりしない。

SNSユーザーは騒乱の中で助けを求めたり、避難したりする人々の声を#PortesOuvertesNiceのハッシュタグを使ってシェアしている。

※内容を随時更新します

ハフポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます ※画像には遺体写真などが含まれます

Close
南仏ニースでトラック暴走
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡