NEWS

ドイツの列車内でアフガン難民の少年が斧を振り回す 3人が重体

2016年07月18日 22時09分 JST
ASSOCIATED PRESS
Police officers stand beside a train in Wuerzburg, southern Germany, Monday evening, July 18, 2016, after a 17-year-old Afghan armed with an ax and a knife attacked passengers aboard a regional train in southern Germany on Monday night, injuring four people before he was shot and killed by police as he fled. (Karl-Josef Hildenbrand/dpa via AP)

ドイツ南部のバイエルン州ビュルツブルク付近で7月18日夜、アフガン難民の男が走行中の列車内で斧やナイフを振り回し、4人がケガをした。うち3人が重体だという。BBCなどが報じた。

ガーディアンによると、バイエルン州のヨアキム・ヘルマン内相は会見で、容疑者は17歳のアフガン難民で、警官に射殺されたと述べた。犯行の動機はわかっていない。

容疑者は付き添いがいない未成年者で、難民申請中だった。ドイツ中部オクゼンフルトに数カ月滞在していたという。

容疑者が犯行に及んだ時、乗客が運転士に通報し、列車はヴュルツブルク郊外のハイディングスフェルトで停車した。ヘルマン内相によると、容疑者は当初車内から走って逃げようとしたという。付近にいた警官が容疑者を追跡し、射殺した。

また、ヘルマン内相は容疑者が車内で犯行に及んでいる間「アラーアクバル」と叫んでいたことから、背後にイスラム過激派の存在がないか調査すると述べた。

関連記事

ドイツの列車内で難民の少年が斧を振り回す