ライフスタイル

リオデジャネイロの光と影、10Kタイムラプス動画が美しく捉えた

2016年08月12日 00時39分 JST | 更新 2016年08月12日 00時42分 JST

アーキデイリーに掲載された記事を翻訳しました。

リオデジャネイロの10Kタイムラプス映像「10328x7760 - The 10K Demo」をご紹介しよう。

制作したのは、「Scientifantastic」という名前で活動している写真家・映画制作者のジョー・カプラ氏。10K映像は、フルハイビジョン (1920 ☓ 1080ピクセル)の10倍の解像度がある。

カプラ氏は、リオの様々な場所を航空画像で撮影・編集した。

リオで生きる人たちの細かな動き、車の流れ、グアナバラ湾の水の動き、スラム街ファヴェーラ、ラグーン、ケーブルカー。タイムラプス動画は、大都市の慌ただしさを鮮明に伝える。

In partnership with ArchDaily.

archdaily

▼画像集が開きます▼

リオのカーニバル【2016年】

画像集が見られない方はこちら