Huffpost Japan

蓮舫氏「台湾籍残っていた」と発表 「二重国籍」状態認める

投稿日: 更新:
印刷

renho

台湾との「二重国籍」が指摘されていた民進党代表代行の蓮舫氏は、9月13日、参議院議員会館で記者会見し父親の出身地である台湾(中華民国)籍が現在も残っていたことを明らかにした。問い合わせ中の台北駐日経済文化代表処から12日夕方に連絡があったという。当初は離脱済みであると説明しており、「記憶の不正確さによって様々な混乱を招いたこと、一貫性を欠いた発言については、おわび申し上げたいと思います」と話した。

一方で、「17歳の時に父と共に国籍は抜いた認識だったことは今に至るも同じ」と、自身が二重国籍状態にあったことについての自覚はなかったとして、「日本人以外の立場で政治活動をしたことはない」と強調した。現在台湾籍を離脱する手続きを進めているという。

記者会見で当初、国籍について確認せずに発言していたことについて、リスクマネジメント上の瑕疵があるのではと問われると「当時の自分の記憶に頼って発言していたことについてはお詫び申し上げます」とした。

15日に投開票される民進党の代表選には予定通り臨む。

ハフポスト日本版では、蓮舫氏の12日に単独インタビューした。蓮舫氏はネット上でのバッシングなどに「ネットの怖さを痛感した」と話している。

■蓮舫氏の国籍について

なお、これまでの説明で、蓮舫氏は自身の国籍について以下のことを明らかにしている。

・1967年に台湾籍の父(故人)と日本人の母の長女として、日本で生まれた。
・出生時点の日本では父親の国籍しか取得できなかったため台湾籍として日本で暮らした。
・日本と台湾が断交した1972年以降は中国籍の表記となった。
・日本の国籍法改正により1985年1月21日、17歳の時に日本国籍を取得した。
・同時期に父と台北駐日経済文化代表処(大使館に相当)を訪れて台湾国籍放棄の手続きをしたと記憶し、過去にそう説明してきた。
・しかし「代表処での父親の台湾語がわからなかったので、実際どういう作業が行われていたかわからなかった」(9月6日の記者会見)
・指摘を受けて国籍について台湾側に問い合わせた(「残っている」と9月12日に返答があったことを13日に発表)
・念のため、9月6日に再度、国籍放棄の書類を提出した

▼画像集が開きます▼

Close
蓮舫氏、当確直後の様子
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡