Huffpost Japan

この超巨大犬、実は子犬です(画像)

投稿日: 更新:
印刷

photo

この年老いて見えるイングリッシュ・マスティフは超巨大かもしれないが、飼い主によると、心の優しい子犬だという。

名前はバロン。体長6フィート6インチ(約2メートル)、体重250ポンド(約113キロ)だ。今もなお成長し続けている。

デイリー・テレグラフ紙によると、バロンは2歳。4歳ぐらいで成犬になるという。飼い主のマーク・ヨークさんとドロシー・ヨークさんは、「オーストラリアで最も大きい犬だ」と信じているが、現在までに公式に認定されてはいないという。

「この巨大な犬はとても心優しいんです」と、マークさんはハフポストUS版に語った。

「私が家を出ると、鳴き出します。ティガー(「くまのプーさん」のキャラクター)のように跳ね回り、大きなゴム製のニワトリを口にくわえて遊びます。遊んでいるときに近づくと、とても怒りますね」と、マークさんは話した。「毎朝2階から降りてくると、顔を近づけて挨拶し、くるくると円を描いて回ります。とても優しい心を持っています。本当に可愛くて仕方がありません」


BARON THE OLDE ENGLISH MASTIFFFACEBOOK

マークさんとドロシーさんは2月にバロンを飼い始めた。ブリーダーがフルタイムで世話をできなくなったからだという。マークさんは900マイル(約1450キロ)以上も車を走らせてバロンを引き取りに向かい、そしてシドニーの自宅に連れて帰った。彼は「バロンは手厚い世話とカイロプラクティックを受ける必要があった」と語った。


【参考記事】
かわいすぎる犬の市長、圧倒的支持で3選を果たす(画像)


もちろん、バロンは体のサイズに合った食欲の持ち主だ。

「バロンは1日にステーキを2切れほど食べます。また、チェルシーというフレンチ・マスティフも飼っているのですが、合わせると餌代が週200ドル(約2万円)を超えます」と、マークさんはデイリー・テレグラフに語った。

バロンの食事は、朝食に肉とビスケット、昼食にチキンネック、そして夕食により多くの肉とビスケットを摂る。その他にビタミンと油、イワシ、卵、カボチャ、野菜を食べる。

こうした食事を考えると、「出すモノ」もたいへんな量だろう。

「いいえ。トイレに座りはしませんが、十分にしつけられています。きれい好きで、散歩に行くまではウンチをしません」。「買い物用のビニール袋を留めておくことのできる、ちょとした道具を作りました。便意をもよおすと、おしりの下に袋が準備され、フンは直接袋の中に入ります」

飼い主にはありがたいことに、巨大なウンチは1日2回だけだという。

「夜10時以降は散歩に出かけません。家でずっと寝ています。犬用ドアはありません」


BARON THE OLDE ENGLISH MASTIFFFACEBOOK

だからといって、バロンはだらだらと一日を過ごしているわけではない。その気さくで優しい性格から、セラピードッグとして学校や病院で活躍することが決まった。

マークさんは「数か月後には仕事を始めます」と語った。

ハフポストUS版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

Close
Super Senior Dogs
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)