Huffpost Japan

あなたの地域の犯罪発生数は? 丁目単位で分かる「防犯情報マップ」公開

投稿日: 更新:
印刷

東京都は10月24日、都内の丁目・字単位で詳細な犯罪発生数がわかるウェブサイト「防犯情報マップ」を公開した。都内全域が対象で、地域の事故や犯罪情報が地図上に色分けされて表示される。

map

犯罪情報マップで見られるのは、

  • 子供の交通事故や不審な声かけ情報がわかる「子供の安全マップ」
  • 振り込め詐欺の発生状況をまとめた「特殊詐欺情報マップ」
  • 暴行、恐喝、空き巣、万引き、自動車や自転車の窃盗など犯罪情報がわかる「町丁字別犯罪情報マップ」

など6種類。都や区市町村の防犯対策の取り組みも紹介している。東京都に地図システムを提供したESRIジャパンの担当者は、ハフポスト日本版の取材に対し、「それぞれの地図ごとに、使う目的が違います。例えば子供を持つ人は「子供の安全マップ」をよく利用するでしょうし、ボランティア活動をされる方などは『防犯団体活動情報マップ』が使いやすいでしょう」などと語った。

これまで警視庁も、地図上に犯罪情報を表示する「犯罪情報マップ」を公開している。東京都の防犯情報マップは警視庁のシステムと比べ、閲覧できる犯罪の種類が多いこと、具体的な数値が閲覧できることなどの特徴がある。

また、色分け以外の表示方法があり、自由に範囲を指定して様々な情報を見ることもできる。

例えば、「子供の安全マップ」で、表示したい範囲を選択。

map

その上で、「(2015年)当事者はその時何をしてた?」という情報を見ると、事件の具体例のグラフや、実際に事件が起きた場所などを確認できる。

map

ESRIジャパンの担当者によると、地図データは警視庁や東京都がまとめた2014年以降の情報を利用。東京都が毎月データを更新するという。

【関連記事】
子供、高齢者、ペット...家族構成別「防災グッズ」の揃え方
evacuation