NEWS

「ランボー」続編製作へ あのすごい奴が帰ってくる! でもスタローンは帰ってこない

2016年11月01日 01時39分 JST | 更新 2016年11月01日 01時42分 JST
Columbia TriStar via Getty Images
Sylvester Stallone walks through a trench with Richard Crenna in a scene from the film 'Rambo III', 1988. (Photo by TriStar/Getty Images)

あのすごい奴が帰ってくる!

1980年代に大ヒットしたアクション映画「ランボー」シリーズの続編が作られることになった。

The Hollywood Reporterによると、版権を持つヌー・イメージ/ミレニアム・フィルムが、ブルックス・マクラーレンを原作に、アリエル・ヴロメンを監督に起用することを決めたと伝えている。ストーリーなどは明らかになっていない。

ただし、主演を務めたシルベスタ・スタローンは、今回は起用されない。制作会社は、ランボーのキャラクターを、「007」シリーズのジェームス・ボンドのように、多くの俳優が受け継いでいくスタイルにする意向だという。

「ランボー」は、シルベスタ・スタローン演じる孤独なベトナム戦争帰還兵が、保安官らアメリカ社会に反抗する1982年のアクション映画。2作目からはアメリカ軍の特殊任務に従事し、ベトナムの捕虜収容所に潜入したり、アフガニスタンでソ連軍と戦ったりした。2008年までに全4作が作られて世界的な大ヒットとなり、「ロッキー」シリーズとともに、シルベスタ・スタローンのアクションスターとしての名を高めた。

sylvester stallone rambo

2008年5月7日、第4作「ランボー 最後の戦場」の日本公開に合わせて来日したスタローン。宣伝文句は「さらばランボー」だった

「ランボー」は何度か、「これで最後」と言われてきた。

最初は1993年5月、スタローンが「クリフハンガー」の公開に合わせてアメリカで日本の取材陣のインタビューに答え「冷戦の終結とともにランボーのような超人戦士もヒーローになりにくくなった。90年代は普通の男の愛と憎しみの戦いを演じる」と発言した。同年5月31日付の日刊スポーツは「ランボー廃業宣言」と伝えた。

しかし、それを撤回する形で、2008年に20年ぶりとなる第4作「ランボー 最後の戦場」を公開。主演に加え監督、脚本も務めたスタローンは「出来に満足しているから今回で終わらせてもいい」と完結をにおわせつつ「要望が高まるなら」と、第5弾製作にも含みを持たせていた(2008年1月16日付日刊スポーツ)。

▼画像集が開きます▼

「ランボー」画像集

※画像集が表示されない場合はこちらへ。