Huffpost Japan

アレッポに住む7歳少女バナ・アラベドさん、Twitterで激しい爆撃を伝える「生きたい、死にたくない」

投稿日: 更新:
BANA ALABED
Bana Alabed
印刷

激しい内戦が続くシリア北部の都市アレッポ東部に住む7歳の少女バナ・アラベドさんのツイートが世界中の関心を集める中、政府軍の攻撃が激しさを増し、バナさんは家族が「生死の間にいる」とツイートした。

バナさんは11月28日、アレッポの北東部サフール地区を制圧したシリア軍の爆撃についてツイートした。この地域は反体制派が支配していたが、4年ぶりに政府軍が支配下に置いた。1万人近くが支配地域外に脱出したとみられる。

ロシアの通信社によると、ロシア国防省の発表でアレッポ東部から119人の子供を含む900人以上が避難した

今晩私たちは家を失いました。爆撃され、私はがれきの中にいる。死者を目にしたし、私も死にそうです――バナ

Twitterアカウントを使っているバナさんと母親のファテマさんは、シリア内戦で市民が受けている被害を写真や動画などで伝え、現在の状況を投稿し続けている。

最後のメッセージです。今、激しい爆撃を受けて、これ以上生き延びることはできなさそうです。私たちが死んだとしても、まだアレッポにいる20万人のために語り続けてください。さようなら。――ファテマ

27日、バナさんのアカウントはシリア軍がこの数日移動するにつれて爆撃の煙が上がっている様子を動画で投稿した。

このアカウントは9月からツイートを始め、これまでに13万8000人のフォロワーがいる。

彼女のツイートは「ハリー・ポッター」 の原作者J.K.ローリングの目にとまり、ハリー・ポッターの小説をバナさんに送っている。

バナさんの28日現在のツイートは次の通り。

今、激しい爆撃が続いています。今、死と生の間にいます。どうか私たちのために祈り続けてください。

メッセージ。私たちは激しい爆撃で多くの人が殺されている中逃げ回っています。私たちは自分たちの命のために闘っています。まだみなさんと一緒にいます。――ファテマ

私たちは今家を失いました。軽いけがをしました。昨日から寝ていません。お腹がすきました。生きたい、死にたくない ――バナ

ハフィントンポスト・カナダ版より翻訳・加筆しました。

▼画像集が開きます

Close
内戦前のアレッポ
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

(スライドショーが見られない方はこちらへ)