Huffpost Japan

「妹はたった11歳で妊娠した」出産によって人生を奪われている女の子たちが伝えたいこと

投稿日: 更新:
印刷

世界でもっとも貧しい国のひとつ、アフリカのマラウイに2人の姉妹がいた。
同じ屋根の下で育ち、同じご飯を食べ、時には同じ服を交互に着るほど2人は仲が良かった。だが、2人の人生は、まったく違う道をたどることになる。


■男性を性的に喜ばせるための「通過儀礼キャンプ」に連れていかれた女の子

彼女たちのコミュニティでは、女の子は思春期になると、「通過儀礼キャンプ」というところに行く慣習があった。そこは、男性を性的に喜ばせる方法を教えられる場所だった。「とても特別な日」と呼ばれるその日、コミュニティに雇われた男性がキャンプにやって来て女の子と夜を共にする……。そこで妊娠してしまう女の子もいれば、HIVや性病にかかってしまうこともあるという。

妹はわずか11歳で妊娠した。幼い体は出産に耐えられず、帝王切開を余儀なくされた。強制的に結婚させられた妹は、夫から虐待を受け、結婚生活も長続きしなかった。

姉のメモリは、13歳になった時、親から通過儀礼キャンプに参加するように言われたが、頑なに拒んだ。そこに参加することの意味を知っていたからだ。幼い女の子は夢を持ち、それを叶えるために学校に行って学びたいと思っていた。周りからは、「愚かで頑固な子だ」「社会やコミュニティの伝統を尊重しろ」となじられる日々が続いた。「このコミュニティの中で長い間続いてきた悪しき習慣を変えなければいけない」、妊娠によって傷ついた妹と自身の経験を胸に、メモリは立ち上がることを決意した。

planj0

メモリは仲間たちと共に、「女性は18歳(※)より前に結婚すべきではない」とコミュティのリーダーに自ら訴え続けた。根気強い説得の末、ついにリーダーの合意をとりつけることに成功し、結婚年齢を条例化した最初のコミュニティとなった。さらにメモリは、「他のコミュニティにいる女の子たちも救いたい」という思いを強くし、政府にも働きかけた。メモリたちの努力が実り、子どもの結婚に関する議案が可決され、法律上結婚可能な年齢が15歳から18歳に引き上げられた。

※子どもの権利条約では、18歳未満を子ども、18歳以上を成人としている


■途上国で暮らす女の子たちに、今、起こっていること
先の話はマラウイの姉妹に起こった実話だが、これはマラウイに限らず、世界中の様々な途上国で直面している問題だ。

chad girl
18歳未満で初めての結婚をした女性の割合が多い国3位:チャド

UNFPA世界人口白書2013によると、途上国では毎日2万人もの18歳未満の女の子が出産している。年間では約730万件、その約27%は15歳未満の女の子だ。幼い体で妊娠することは、時に死をもたらしてしまうこともある。妊娠と出産の合併症で亡くなっている女の子は、毎年約7万人にのぼるという。

central african school girl
18歳未満で初めての結婚をした女性の割合が多い国2位:中央アフリカ共和国


■早すぎる妊娠・出産がもたらす悲劇

最悪のケースとして死に至る以外にも、幼いうちに母親になることには、様々なリスクがある。

<幼いうちに母親になるリスク>
・若く幼い母親と赤ちゃんの両方にとって健康上のリスクが高まる
・暴力や性的虐待を受けやすい
・(パートナーをよく知らずに結婚することも多いため)離婚率が高い
・教育および就職の機会が奪われ、自立が難しくなる
・人口中絶を選択するケースも多い
(安全ではない人工中絶を受けている女の子は年間約320万人にのぼる)

niger girl
18歳未満で初めての結婚をした女性の割合が多い国1位:ニジェール

ではなぜ、そんな悲劇を招いてしまう「危険な妊娠・出産」が起こり続けてしまうのだろうか。

<幼い母親が増えて続けている要因>
・慢性的な貧困状態が続いている
・女性は教育を受けることも難しく、社会的地位が低い
・妊娠の仕組みや避妊方法なども含めて全体的に知識が乏しい
・結婚持参金を目的とした早すぎる結婚を斡旋する文化・風習がある
・性的暴力や強要に対する道徳意識が低い

地域によっては、お金のために子どもを働かせたり結婚させたりする風習が根付いてしまっている。貧困が早期結婚につながり、早すぎる結婚・出産によって教育の機会が奪われ、就業も困難となり、そうなるとますます貧しさから抜け出すことができない……、そんな負のスパイラルに陥ってしまうのだ。


■世界中に届いてほしい、女の子たちの声
幼いうちに親にならざるを得なかった女性たち、それによって生活が一変した若すぎる母親たちの人生は、痛みと悲しみに満ちていた。


1.出産で命を落としかけた女の子

planj1

私は14歳で結婚しました。初めて夫の顔を見たのは、結婚式の夜でした。
当時は、どうしたら妊娠するのかもまったく知りませんでした。

数ヶ月たった時に、生理が突然こなくなりました。祖母がくれたお金で病院に行くと、妊娠3ヵ月半であることがわかりました。妊娠中は体調が悪く、ひどい痛みに苦しみました。痛くて怖くなりました。妊娠の終わり頃に、お腹の中にいる胎児が動かなくなりました。お腹の中に羊水が無いため、このまま家で出産すると、子どもも私も命が危ないと言われました。

生まれた子どもは女の子でした。娘がいつか早すぎる結婚をするのではないかと今から心配しています。母親として、彼女には私と同じ経験はさせたくありません。

ーサディア 16歳 バングラデシュ


2.夫がいなくなり、子どもと一緒に家を追い出された女の子

planj2

私は7年間、結婚していました。結婚後に夫は病死してしまいました。
私が住む地域では、子どもがいる女性と結婚してくれる男性は1人もいません。

今、私には土地や家、家畜など財産と呼べるものが何もありません。女性には財産権がないのです。夫の両親は私を拒否し、家に入ることもできません。女性が死んでも、男性は以前と同じように暮らしてけるのに、女の子にとっては生活が止まってしまうのです。子どもと私はいつもお腹を空かせている毎日です。

男の子の血も私たちと同じように赤いし、すべての男の子は、母親から生まれてきます。それなのになぜ、女の子は男の子とは異なる扱われ方をされるのでしょう。

ースミラ 17歳 ネパール


3.結婚もセックスも、受け入れるしかなかった女の子

planj3

私が14歳の頃に、祖母は私の結婚を準備しました。
祖母は貧しかったために、孫の結婚相手が家計を助けてくれることを望んだのです。

学校に通う代わりに、1週間の通過儀礼キャンプに行かされました。そのあとすぐに、19歳の男性が花嫁を探しに私の村にやってきて、私と結婚することになりました。私には、結婚がどういうものか想像もできませんでした。 

夫は私に暴力を振るい、時には食事も与えてくれませんでした。私はどうすればよいかわからず、結婚とはそういうものなのだろうと思っていました。私は若く、未熟でした。結婚にまつわる義務もセックスも、すべてのことがショックで恐ろしかったけれど、受け入れるしかありませんでした。

結婚してからすぐに妊娠しました。妊娠はとても大変でしたが、夫は何も手伝ってはくれませんでした。その時の私には、何が起こるのか予想もできてませんでした。私に選択の余地はなかったのです。

ーヒルダ 19歳 マラウイ

***

今、女の子たちは声をあげはじめている。
マラウイのメモリから始まった、女の子たちの未来を救うための運動は、世界中に広まりつつある。
「十分な教育を受けてから、充分に成長してから、自分が結婚したい時に結婚する」それが世界中の女の子にとって当たり前になる日が来るのを願わずにはいられない。

マラウイのメモリは、同じ苦しみを持つ世界中の女の子たちの声を集め、現状を変えるべく戦い続けている。

「幼い妹が経験したようなことを、どの女の子にも経験してほしくありません。だから、妹のことを公表する決心をしたのです。みなさんに、妹の話を、女の子たちの声を聞いてもらいたいのです」(メモリ)

ハフィントンポストの人気記事

Close
Because I am a Kenyan Girl
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡