chuzetsu

中絶の権利が奪われかねない状況にあるアメリカ。アスリートたちが団結して権利の保護を訴えています
妊娠6週目以降の中絶を禁止し、レイプや近親相姦の例外も認めず。テキサス州の法律は、国との法廷闘争に持ち込まれました
ほぼ全ての中絶を禁止する、アメリカ・テキサス州の法律。女性たちを苦しめる状況を作っています
妊娠6週目以降の人工妊娠中絶を禁止する州法が施行されたテキサス州。女性の権利擁護を求める声が多数あがっている。
アメリカ最高裁判所が、法律を差し止めず。実質ほとんどの人たちが中絶を認められなくなります
思想信条を問わず多くのファンを持つシモーヌ・ヴェイユ。彼女こそ、家父長制度が強固に編まれた時代にフランスを力強く変えていった「わきまえない女」だ。
後を絶たない「望まぬ妊娠」。立憲民主党の打越さく良議員は「女子高生が中絶のためにカンパを募ったり、お金がないということで中絶を諦めたりということになっている」と報告した。
経口中絶薬が未だに承認されていない日本。そんな国に住む女性に、中絶薬を遠隔医療サポートサービスで提供する海外の非営利団体がある。
13人にひとりはレイプ被害経験者の日本。日本のSRHR(セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス & ライツ)。世界と比べて、女性の体は、大切にされていない