chuzetsu

思想信条を問わず多くのファンを持つシモーヌ・ヴェイユ。彼女こそ、家父長制度が強固に編まれた時代にフランスを力強く変えていった「わきまえない女」だ。
後を絶たない「望まぬ妊娠」。立憲民主党の打越さく良議員は「女子高生が中絶のためにカンパを募ったり、お金がないということで中絶を諦めたりということになっている」と報告した。
経口中絶薬が未だに承認されていない日本。そんな国に住む女性に、中絶薬を遠隔医療サポートサービスで提供する海外の非営利団体がある。
13人にひとりはレイプ被害経験者の日本。日本のSRHR(セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス & ライツ)。世界と比べて、女性の体は、大切にされていない
「女性をコントロールしようとすることは、男女平等の否定になる」と訴えてたギンズバーグ氏。後任判事をめぐるリベラル派と保守派の争いが激しくなっています
フランシスコ教皇は、イエズス会出身。サッカー好きで気さくな人柄で知られる。
韓国ソウル市の産婦人科で、病院のミスによって妊娠6週だった女性が同意なしに中絶手術をされたという。
人権団体はこの無罪判決を「画期的」と評価。一方、中絶禁止法によりいまだに約20人の女性が流産によって刑に服しているという。
いつか近い将来、女性みんなが自分の身体と自分の人生を、自分で守れる日が来ますように。
リアーナ、レディー・ガガ━━著名なアーティストや俳優たちも「中絶禁止法」に反対の意思を表している。