chuzetsu

「国際セーフ・アボーション・デー」に合わせて、団体がイベントを開催。切実な声が上がりました。
『セイント・フランシス』で主演・脚本を務めたケリー・オサリヴァンが、「100%の確信で中絶を決める」女性の物語を描いた理由。
「相手が手術中に病院に電話をかけてきて手術が中断」「生き地獄だった」など、悲痛な声が寄せられている。
「あなたが私たちをセクシーだと思うかどうかは関係ない」「漫画みたいな女性差別」
アメリカ最高裁が、中絶は女性の権利と認めた判決を覆す判断を下したことを受けたもの。中絶へのアクセスの格差が広がること、「社会生活・健康や生命を失うことをも強制しかねない」ことなどに強い危機感を示した。
少女が住むオハイオ州では妊娠6週目以降の中絶は禁止されており、手術を拒否されたという。
ロー対ウェイド判決を覆したアメリカ連邦最高裁の判断に抗議するビジー・フィリップスさん。「私たちは、体の自己決定権が全ての人に適用されることを保証しなければなりません」と訴えている。
映画『プラダを着た悪魔』の公開16周年を祝う投稿の中で、主演したアン・ハサウェイさんが米最高裁の中絶の権利を覆す判決について言及しました。
“I’m here for you”(私がそばにいる)というキャプションを付けて動画をTikTokに投稿したアイルランド・ボールドウィンさん。自身の経験についてシェアし、共感を呼んでいます。
「生殖医療にアクセスする尊厳」を従業員に提供することは企業の責任である、とパタゴニアは述べています。